バリ島での出来事=バリ島到着時の話=

バリ島から帰って来ました。
あちらでの回線接続の悪さに飽きっぽい私は、生ルポを断念。
今日からバリ旅行のことをブログに書き込むことにしました。

まずは、バリ島到着時の話
多くの方が日本からの直行便を利用されると到着は、夜中ですよね。
でも私は、シンガポールからバリ入りしたので、到着はお昼過ぎでした。
この時期バリは、爽やかな気候で最高に過ごしやすいです。
そしてまず最初にすることは、入国手続きです。
ご存知の通り、特定の国からの観光客は、インドネシアに入国するには、“観光ビザ”が必要です。
まずは、滞在日数を申告してビザ代を支払うカウンターに並びます。
そのビザ代のことですが、ナント8月1日から
1~7日間の滞在:$10 8~30日間の滞在:$25
に変更になりました。
以前は、4日以上で$25だったので少し安くなる人が増えるんじゃないでしょうか。
と、いうよりどう考えてもたった3泊しただけで約3,000円なんて高過ぎでしたよね。
今後は、一週間以内かそれ以上滞在するかでビザ代が違うということですね。
ちなみに、このビザ代は日本円でも支払えます。
私の場合は、7月中の入国だったし、8日間以上の滞在だったので
その日のレートに関係なく、「サンジェンエン(3,000円)」を要求されました。
でも、ちゃーんとUSドルを持っていたので、25ドルを支払いました。その方が割安です。
ビザ代を支払ったら、領収書代わりの紙を持って入国審査です。
この審査官が仲間同士でおしゃべりしてて、仕事がトロイ!
でも、仕方がないからゆっくり待ちましょう。
二人の審査官がいて、二人目の審査官がパスポート1ページ分のビザをペタっと貼ってくれて、なぜかエステや旅行会社の広告をパスポートに挟んでくれます。
なんで、入国審査官が民間会社の広告を渡すんでしょうね??

d0039801_2339413.jpgそれよりも
皆さーん、預けた荷物にチョークでこんな×印が付いていたら大変ですよ。
申告無しの緑のレーンから出ようとしても、バッグの中身をぜーんぶ出して調べられますよ。
私は、ウェットティッシュでこっそり拭き消したので、フリーパスでしたが、他の方たちは本当に全部調べられていました。
白人の女性は、ブラジャーまで引っ張り出されて、透かして調べられたので、ギャーギャーわめいて怒っていました。(何語かな?英語じゃなかった。)
トランクには、3箇所この×印をつけるみたいです。
気をつけて下さいね。
(私は、1箇所消し忘れたけど、見つからなかったみたい。ホテルで気づいて写真撮りました。)
[PR]
by salakjus | 2005-08-04 23:42 | バリの思い出
<< バリ島での出来事=両替の話= バリに到着! >>