昔の恋から学んだこと

d0039801_9554532.jpg毎日、寒いですねー。
寒いと悲しくなりませんか?
私は、久しぶりに泣きながら夜の街を歩きました。

今週は、連日のように忘年会&クリスマス会です。
今回は、大学のサークル仲間が大勢集まって、同窓会のようなクリスマス会。
先輩や後輩も来たので、卒業以来ずっと会っていなかった懐かしい人に会えて嬉しかった。
でも、
「よう!久しぶり~。」と、声をかけてきた先輩が
「アイツにさー、うっかりこの会のことをしゃべったら、来たいっていうから・・・。」
そう言う先輩の視線の先には、元彼が立っていた。
『なんで?』と一瞬動揺したけど、「もう、過去のことですよー。」と、笑顔で答えてしまった。

彼がこの会に来た目的は、すぐにわかりました。
一番遠い席から、私を見つめる彼の視線を感じ、何回も目が合ってしまったんです。
一次会の店を出て、二次会に移動するどさくさにまぎれて、私は一人で駅の方に向かいました。
今の彼と「二次会には行かない。早く帰るつもりよ。」って約束していたんです。

赤信号で立ち止まった交差点で、後ろから肩をたたかれ、振り返ると元彼がいました。
「もうオレのことは、忘れたのか?」
「・・・。」
「あの日、オマエと別れたのは間違いだった。」
その言葉を聞いた瞬間、街がモノクロになった。
『今さら、何を言ってるの?』そう言いたかったけど、
「彼女と結婚したんでしょ。」
「結婚は、した。だけど、」
その先の言葉は、聞きたくなかった。彼の言葉をさえぎるように
「私は、あなたがいなくてもちゃんと一人で生きてきた。」そう強く言って、彼の手を振り払い急ぎ足で交差点を渡った。
振り返らない。
絶対に振り返らない。
一気に地下鉄の階段を駆け降り、改札を通った時、ほっとして大きく息をはいた。
冷たい頬を温かい涙が伝わり落ちるのを感じてた。

元彼は、先輩の友人でいつも私たちのサークルの飲み会になぜか参加していた。
私たちは、この飲み会で知り合って付き合い始めたんです。
私の学生時代の思い出の半分は、彼と一緒だった。

付き合って3年、私が卒業を目前に控えた頃、
彼が突然別れを切り出した。
「幸せにしてやりたいと思う女ができた。」
呆然としている私に「オマエは、オレがいなくても一人で生きていけるだろう。」
そう言って、私を置き去りにして立ち去った。

私は、彼から別れを告げられたあの日、うーんと泣いたし、
「私だって、あなたがいなければ生きていけない!」って、どうして彼に泣いてすがれなかったのか後悔した。
もしかしたら、彼が戻って来てくれるんじゃないかと、彼と別れたあの場所で彼を待ち続けたこともあった。本当に本当に大好きだった。

でも、わかっちゃった。
彼の言うとおりでした。
私は、彼がいなくてもちゃんと生きていける。

そして、この恋からあることを学んだの。
「時には、弱いところを見せないとカワイイ女と思われない。」

急いで帰って、家の電話から今の彼の携帯に電話した。
「けっこう早く帰ってきたね。楽しかった?」
「そうねー。懐かしかった。でも、あなたがいないからちょっぴりつまんなかった。」
「そうか。そうか。オレがいないとダメか。じゃあ、明日忘年会が終わったら会いに行くよ。」
やったー!

二度と“一人でも生きていける女”と、言われないための
ここぞという時の決めセリフ、
「私は、あなたがいないと楽しく生きていけないの。
だから、ずっと私のそばにいてね。」

[PR]
by salakjus | 2005-12-22 09:50 | 徒然
<< 西日暮里でランチをご馳走になる♪2 たまには行ってみよう!秋葉原で... >>