「ほっ」と。キャンペーン

夢にまで見た楽園バリに到着!

お気に入りヴィラのリピーターになろう!

シンガポールで1泊してバリ島に到着。
シンガポール航空の搭乗便が時間変更になり、当初の予定よりも大幅に遅れてバリに到着したにもかかわらず、カユマニス・ウブドのスタッフは、笑顔で迎えてくれました。

「あなたは、特別なお客様だから」と、いきなり2ベッドルームヴィラにアップグレードしてくれました。
ラッキー!
宿泊客が3組しかいないということでしたが、こういうサービスってとっても嬉しい。
2回目の宿泊なのにリピーターとしてまるで常連客扱い。
早速、「再び来て良かった!」と感動しました。

そして、ウェルカム・ドリンクも
「お好きなドリンクをお持ちします。」と、言うので
「ビンタンビール!」をリクエスト。
おつまみの“生ハム・スイカ”もサービスで持ってきてくれました。
d0039801_11494555.jpgd0039801_11495876.jpg









『あー、こんなことなら2泊じゃなく、もっと泊まればよかった。』と後悔しちゃいました。

翌朝、前回仲良くなったウェイトレスが朝食を運んで来ました。
「また、会えて嬉しい~。」と、再会を喜び合っていると、
前回と同じバトラーも「Good morning.」と、登場。
ワイワイおしゃべりしながら、とっても楽しい朝食になりました。

二人は、翌日の“オゴオゴ”のことや“ニュピ・デイ”のことなどいろいろ教えてくれましたよ。

本当は、ウブドで行われる“オゴオゴ”を観たかったのですが、
前回、ピクニックランチに連れて行ってくれた日本語が堪能なスタッフから
「交通渋滞を考えると、ヌサドゥアに移動してから観た方がいい」とアドバイスされたので、そのように予定を変更。ウブドのスタッフ達は、とっても残念そうでした。

d0039801_11545367.jpg

でも、ヌサドゥアのスタッフにピックアップ時間を相談して、午後3時までレイトチェックアウト出来るようにしてくれました。
お陰さまで、唯一の晴れ日だったウブドでの短い滞在時間もゆっくり過ごすことができました。


d0039801_11541416.jpg
2階建てヴィラの1階部分がリビング・ダイニングスペース。2階部分がマスタールームです。
2階には、ベランダがあり景色最高。
メインヴィラと比べると少々小さめですが、これでも充分な広さです。



d0039801_11542934.jpg
このリビングスは、オープンペースです。ここにある大きなソファに横たわり、景色やプールを眺めて過ごす時間は、まさに“極楽気分で楽園バリ~”を満喫できます。





メインルームのベッドとマスタールームのベッド
d0039801_1156546.jpgd0039801_11561647.jpg









メインルームには、屋内バスタブがあります。
d0039801_1157196.jpgメインルームのバスルームは、とっても広いです。トイレも室内なので夜でも安心。
でも、シャワーは外。バスタブから移動すると床が濡れてしまうので、ちょっと・・・。
マスタールームにも、洗面台、室内トイレがありますが、バスタブはなしで室内シャワーのみです。


次は、お食事の話 お楽しみにね。
[PR]
by salakjus | 2006-04-05 12:00 | バリの思い出
<< カユマニス・ウブドが好きな理由! バリの雨に洗われて >>