カテゴリ:バリの思い出( 27 )

早起きは、三文の徳

あなたにとって、“バリ島”って、どんな所ですか?
私にとってバリ島は、非日常の世界そのものです。

普段、朝寝坊で目覚まし時計がなくては、決して起きれないのに、バリにいると毎朝のように朝日が登らないうちに目が覚めるんです。
時差ぼけ?っていう意見もあるけど・・・。

d0039801_187393.jpg部屋の外に出ると、辺りはまだ薄暗い。
聞こえてくるのは、プールに流れる水の音。
こんな時間に庭のバレに横たわり、ぼーっと海を眺めていると、遠くに灯を燈して釣りをする小さな漁船の群れが港に向かって帰って行くのが見える。
月はまだ東の空に輝いて、プールを照らすライトと庭の外灯がなんとも言えない雰囲気を漂わせている。
その時、突然ライトが消えた。
「なんだか、また夜に戻ったみたい。」すると、西の空が薄っすらと明るくなってきた。
月の光がだんだん弱まり、雲がオレンジ色に染まる。わずか30分の幻想的な光のショーだ。
すがすがしい朝の時間は、短い。
あっという間に陽は、バリの眩しさを連れて来た。

「なんで寝てるの?気持ちいい朝がもうすぐやって来る。ねー、バリに行ったら早起きしようよ。」
[PR]
by salakjus | 2005-05-13 18:08 | バリの思い出

次の渡バリは、どこに行くか決まった?

ゴールデンウィークも終わり、日常が戻ってきました。
あー、現実は厳しいわー。
そろそろ、逃避行モードに入ってきました。
d0039801_1212854.jpg次のバリ行きの計画は決まっているものの、心が揺らいできてしまったのです。
はっきり言って、迷っています。
【チェックインバリ】のHPを見ていると、泊まってみたいヴィラが増えているんですよね。
とっても欲張りな私は、バリ島のイイトコ取りをしたいので、忙しいことを覚悟の上で宿泊場所を移動するんです。
d0039801_122977.jpg当然、今年の夏休みもウブド&ビーチにしようと思っていました。
贅沢好きなので、宿泊先はプライベートプール付きヴィラにこだわって、毎回厳選するんです。
だから、宿泊中に後悔することは少ないんですが、帰国して他の人のバリ島旅行記を見ると、羨ましくなって、「次回は、ココだわ。」って思っちゃうんです。
今年の夏休みも、私なりにトビッキリのヴィラを2つ選んでおいたんですが・・・。
まだ間に合うかな?変更するなら早くしないといけないし、どうしよう。
しばらく、悩みそうです。
あなたは、次の渡バリは、どこに行くの?教えてー。
[PR]
by salakjus | 2005-05-09 11:00 | バリの思い出

今年のGWを振り返って

d0039801_10162073.jpg
今年のゴールデンウィークは、頑張れば10連休も夢ではなかった。
でも、あえて海外旅行をしないで過ごしました。
みんなが東京を離れて行くこの時期は、実は人が減って東京は過ごしやすくなるんです。
だから、いつもよりもスローライフを楽しみました。


せっかくだから、朝寝坊して、海が見えるレストランで食事して、映画を見て・・・。
こういうGWも悪くないけど、
でも、来年は海外に行こうと決意しました。
来年のカレンダーを見ると、9連休にはなりそうだ。
うーん、この時期バリは高いよねー。
でも、この写真、そうこの空を見たら行きたくなっちゃいますねー。
[PR]
by salakjus | 2005-05-08 10:00 | バリの思い出

お気に入りのホテル

d0039801_750484.jpg
ココは、私のお気に入りのホテルです。
この景色も良かったし、なんてったって居心地がいいホテルでした。
宿泊する前に【チェックインバリ】の【ズバ感】を読んでみると、料理がイマイチという感想が多かったので、心配していましたが、実際に食べてみるととっても美味しかったです。シェフが変わって料理に力をいれているのだと言っていました。
d0039801_805627.jpg
“クリスピー・チキン・ナゲット”(→)は、本当に美味しい!
ボリューム満点なので、一人では、食べきれないです。
街中に近いので外のレストランを利用する方も多いと思いますが、私はこのホテルのルームサービスは、大満足でした。

d0039801_7502329.jpg
宿泊者は、このジャグジー(→)が無料で利用できるのも嬉しいですね。
えっ?
どこのホテルかわからない?
ウブドにあるあのホテルですよ。
仕方ないなー、大ヒントですよ。
このプールと言えば・・・。
d0039801_7503647.jpg
[PR]
by salakjus | 2005-05-07 08:30 | バリの思い出

あなたは、いつ行くヨテイ?

【チェックインバリ】の冒頭で“この夏あなたは何月にバリ島に行くヨテイ?”というアンケートがありました。
そうねー、私なら迷わず8・9月ですね。
d0039801_8325944.jpg
うだるような暑さが連日続く東京にうんざりした頃、待ちに待った夏休みがやってくる。
頑張った自分への最高の“ご褒美”、それが“バリでの休日”なのだ。
成田空港へ向かう途中、同じ様に大きなトランクを引きづる人を見かけると『あなたは、どこに行くの?私は、バリよ!』って、心の中でつぶやきながら、にんまりしてしまう。
本当に澄んだ青い空、爽やかな風、きっときっと太陽までがまったく違う顔で私を迎えてくれる。
そんな期待感でいっぱいになる。
早く飛行機に乗りたくて、ソワソワしたり、はしゃいだり。
落ち着いてなんかいられない。
「まるで子供みたい。」って、言われるけれど我慢できないよー。
だって、だって、バリに行くのよ。早く、早くー。

心踊らせバリに到着、飛び出すように空港を出ると直線の広い道。
その道の両側は、赤と白の旗が飾られていて、
本当は8月17日の独立記念日を祝うためのものだが、「日本からようこそ!」って迎えてくれているようで嬉しい。
直線道路の突き当たり、皆さんも見覚えがあるであろうこの銅像の前を曲がってそれぞれの宿泊先に向かうのよね。
あなたは、右へ?それとも左へ?
さあ、夢のようなバリでの日々の始まりよ。
[PR]
by salakjus | 2005-05-04 08:30 | バリの思い出

フラワーバス

バリのホテルで最初に感激するサービスが“フラワーバス”なんじゃないかな?

d0039801_911733.jpg初めてバスタブいっぱいに浮かべられた花びらを見て、私は思わず「キャー!す・て・き。」と、
叫んでしまいました。
その場にいたスタッフも私の感激ぶりに驚きながらも「そんなに喜んでいただいて、私も嬉しい。」と、言ったほど。
しかし、
よーく考えると、このフラワーバスって実際には入浴できませんよね。
だって、水が冷たいんですよ。
それによーく見ると、花びらに付着していた小さな虫とかが浮いていてギョッ!
日本と違って後からお湯を沸かす機能なんかついてないから、一度水を抜いてから再度お湯を入れ直すのは、メンドクサイ。
d0039801_912835.jpg一度、お湯を入れ直してトライしたのですが、「ふーん。やっぱり観賞用だわ。」というのが実際の感想です。
今では写真を撮ったら、花を拾ってバスタブの周りに並べて飾って入浴しています。
バブルバスになる入浴剤を入れて泡泡にすると、気分はお姫様です。
翌日には片付けられちゃいますから、たった一日の贅沢なお風呂です。

皆さんは、“フラワーバス”の花びらをどんな風にしてますか?
有効な利用法があったら、教えてください。

写真上:リッツカールトン・バリ デラックスオーシャンヴュービラ
写真下:リッツカールトン・バリ オーシャンフロントクリフヴィラ
[PR]
by salakjus | 2005-05-03 09:00 | バリの思い出

すべては、あの日から始まった

いつも参考にさせていただいている【チェックインバリ】さんに【チェックインブログ】ができたので、突然ですが私もブログを作ってみました。勝手ながら、リンクしてもらえたら嬉しいなぁー。

と、いうわけで私もバリの思い出を綴ってみました。

d0039801_14231531.jpg
私が初めてバリ島に行ったのは、2003年夏でした。
インターネットでバリ島にハマッている人たちのホームページを見ているうちに、私も行きたくなってしまったのです。
私の海外旅行の目的は、“非日常を求め、癒されること”。
だから、とことん贅沢な旅を企画しました。
そして、選んだ宿泊先は、リッツカールトン・バリ。
部屋は、デラックス・オーシャン・ビュー・ヴィラ。

初めてのバリは、贅沢好きな私を大満足させてくれるものでした。
空港に到着すると、とっても爽やか。
出迎えてくれたリッツカールトンのスタッフも笑顔がステキでいい感じ。
ヴィラ到着後、すぐに運ばれてきたシャンパンは、キーンと冷えていて、それはそれは贅沢な気分を存分に味わうことができました。

このヴィラで過ごした夢のような日々が忘れられず、今ではすっかりバリ島ファンです。
[PR]
by salakjus | 2005-05-02 14:43 | バリの思い出