「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:私にとっての便利なEnglish( 9 )

心も頭も海外旅行準備中=その9=

d0039801_15235136.jpg海外旅行が近づくと突然始めるのが英会話の練習。
I'm devoting myself to English studies. 

待ちに待った渡バリまであと少し。
でも、その前にちょこっと近くの外国へ行ってきます。

そうそう、海外で英語が得意な彼に一緒にいてもらえない場所で、
どうしても言いたいけど、言えなくて気になっていた一言があります。

そこは、空港やデパートなどの公衆トイレ。

特にアジアでは、ちゃんと一列に並んで待つ習慣がない国が多いですよね。
そこで、「この人、並んでるの?」って、思う時はないですか?

そんな時、あなたはどうしていますか?

そこで、
《私にとっての便利なひとこと英会話》

海外旅行中に言いたかったフレーズです。

「Are you on(in) line?」
あなたは並んでるんですか?

一つもドアに同時に手を伸ばしてしまったり、お年寄りや子供に譲るなら、

「After you.」
お先にどうぞ 

「Take your time.」
どうぞ ごゆっくり(急がなくていいですよ)

これで、トイレ争奪戦でいらいらしなくてすみそう~。
[PR]
by salakjus | 2006-03-18 00:00 | 私にとっての便利なEnglish

心も頭も海外旅行準備中=その8=

海外旅行が近づくと突然始めるのが英会話の練習。
I'm devoting myself to English studies. 

好みにうるさい私は、納得いかないと「OK!」と言いたくない。
特に海外旅行中は、「You're being so selfish.」と、彼に言われることがあります。

だから、何を選ぶにも「これとあれは、どう違うの?」という疑問を持つと、いつも彼に「ねーねー、どう違うか聞いてぇ~。」と、しつこくお願いしていました。
以前、ブログに書いたように「自分で聞けよ!」なんて無粋なことは、決して言わない彼ですが、あまりに頻繁だから、やっぱり『面倒くさい。』と、思ったのでしょう。
私に、このフレーズを教えてくれました。

そこで、
《私にとっての便利なひとこと英会話》

海外旅行中によーく使うフレーズ8です。

「What's the difference between A and B ?」
AとBの違いは、なんですか?

d0039801_16333196.jpgこれは、エステに行った時など、オプションメニューがいっぱいある場合には、とっても便利。
だって、せっかくお金と時間をかけるんだから、納得のいくサービスを受けたいじゃない?
だから、予約の際に「このコースとこのコースは、どう違うの?」って、よく使います。
ちゃーんと細かく教えてくれますよ。


このフレーズを覚えてからは、自分でいろいろ質問できるようになりました。
海外でも、私は自立した大人の女でいたいのよー。

そうそう、
NHKの“ハートで感じる英文法”で教わったのですが、
比べるものが2つの場合は、betweenを使用し、3つ以上ある場合は、among を使用するというのは、間違いだそうです。
明確に「これとこれ」と識別できる場合は、2つ以上あってもbetweenを使用し、「これら」というように一つ一つを明確に意識しない場合には、among を使用するのです。
[PR]
by salakjus | 2006-03-10 17:00 | 私にとっての便利なEnglish

心も頭も海外旅行準備中=その7=

海外旅行が近づくと突然始めるのが英会話の練習。
I'm devoting myself to English studies. 

海外だけでなく、初めてのレストランで料理を注文する時に気になるのは、量です。
食いしん坊の私は、いろいろな料理を食べたいけど、“もったいない病”でもあるので、大量に残すことには抵抗があります。
丁度よく注文することがスマートだと思うのです。

そこで、
《私にとっての便利なひとこと英会話》

海外旅行中によーく使うフレーズ7です。
d0039801_9111639.jpg
「Will it be enough for two of us?」(メニューを見ながら)これ、ふたり分ありますか?

人数によって、for以下を変えて応用できます。

(←カユウブのトムヤムクン美味しいです。)

前菜やサラダ、スープを注文する時によく使うのですが、こう言うと、『この客は、料理を取り分けたいのだ。』と、理解し取り分け用にお皿を持ってきてくれたり、
最初から取り分けてくれたりします。

とりあえず、全て注文した後で「enough?」と聞くと少ないとか、たぶん大丈夫とか返事してくれます。
チップを期待して働いている国のスタッフは、客にサービスしてより多くのチップを得たいので、とっても親切にアドバイスしてくれます。
食べ残さない程度に満足させる量をアドバイスするのも彼らのサービスの一つですからね。
[PR]
by salakjus | 2006-03-06 09:00 | 私にとっての便利なEnglish

心も頭も海外旅行準備中=その6=

海外旅行が近づくと突然始めるのが英会話の練習。
I'm devoting myself to English studies. 

海外旅行中は、食べたいものを食べ、買いたいものを買い、思いっきり楽しみたい!
そう、だから現金の心配もしたくない!
以前、両替した現地のお金が足りなくて、アイスクリームが買えなかったことがあります。
そんな時、クレジットカードが使えないと困りますよね。

そこで、
《私にとっての便利なひとこと英会話》

海外旅行中によーく使うフレーズ6です。

「このカードは、使えますか?」と言いたい時、「Can I use this card?」って、言ってませんか。
ネイティブに尋ねたら、「う~ん。通じると思いますよ。でも、・・・。」

もっと自然でな言い方は、

「Do you accept this card?」

自分の持っているクレジットカードを見せながら、こう言えばいいらしいよ。
acceptを使うのね。

しかーし、
「No!」
と、言われたら・・・(ToT)玉砕。

すかさず、両替所を探しましょう。
[PR]
by salakjus | 2006-03-03 08:56 | 私にとっての便利なEnglish

心も頭も海外旅行準備中=その5=

休みが取れたら、海外に行く!
最近は、カレンダーとにらめっこして、とにかくエアーチケットを予約することばかり考えています。
d0039801_9364128.jpg

I love visiting the luxury hotel, and eating delicious dish for my holidays.
私は休みには、いいホテルに泊まって美味しい食事をするのが好き。

そして、

For me, a tropical island is the place for a relaxing holiday.
リラックスするなら南の島しかないって私は、思うの。

そこで、
《私にとっての便利なひとこと英会話》

海外旅行中によーく使うフレーズ5です。

「Do you know of any nice restaurants near here?」
この辺でいいレストラン知りませんか?

レストランの部分を他の単語(スパとか)に変えれば応用できますよね。

やっぱり、現地で生の情報を得るためには、必要な一言ですね。

それから、教えてもらったレストランでお勧め料理を注文する時に必要な一言を覚えました。

ブログ仲間のバリバリさんに教えてもらった
タイでプー・パッ・ポン・カリー(カニのカレー炒め)の殻なしをオーダーする時の一言は、
without sell

同じくブログ仲間のMiCETTAさん
カユ・ヌサのスチームサーモンは、ツユダクで注文するといいと教えてくれたのでオーダーする時の一言は、
with more sources
[PR]
by salakjus | 2006-03-01 09:30 | 私にとっての便利なEnglish

心も頭も海外旅行準備中=その4=

海外旅行が近づくと突然始めるのが英会話の練習。
I'm devoting myself to English studies. 

なんで、中高6年間も英語を勉強したのに、満足にしゃべれないんだろう?
いっつも不満に思っていました。

原因は、いろいろあるけど自分が上手く英語を話せない理由付けをあれこれ探していたら、心強い(?)ことを教えてもらいました。

日本企業で英語を教えている知人のオーストラリア人曰く、

「日本の英語教科書を見てビックリ!ビクトリア女王時代のBritish Englishを勉強させられていたんだね。日本語に例えると“お江戸でござる”って感じ?」

なにぃー!

そうなんです。
今どき、「Please sit down.」なんて言わないっていわれても、中学の英語の先生は、そう言ってたよねー。

じゃあーなんて言うの? 「Have a seat.」 だって。

言葉は、生き物だから常に新しい言葉や言い方が生まれて使われるようになるんですね。

そこで、
《私にとっての便利なひとこと英会話》

海外旅行中によーく使うフレーズ4です。

ハンバーガーなどを買ってお持ち帰りしたい時、
日本人は、「Take out 」を使いますが、アメリカでよく使われている言葉は、

「to go」 です。

「One hamburger and one french fries, to go, please.」
ハンバーガー1つとフライドポテト1つ、お持ち帰りでお願いします。

こう言えば、持ち帰り用に袋に入れてくれます。
d0039801_1041232.jpg逆にお店の人が「to go?」と聞いてきたら、「お持ち帰りですか?」と聞いているのですから、「Yes.」と答えればOKです。


私は、←この景色を「to go」したーい。
[PR]
by salakjus | 2006-02-27 10:00 | 私にとっての便利なEnglish

心も頭も海外旅行準備中=その3=

海外旅行が近づくと突然始めるのが英会話の練習。
I'm devoting myself to English studies. 

飽きっぽい私ですが、毎日英語を勉強しています。
彼は、「僕より上手くなる気だな。でも、いいことだね。頑張れよ。」と、褒めてくれました。

そこで、
《私にとっての便利なひとこと英会話》

海外旅行中によーく使うフレーズ3です。

なにか依頼する時の決まり文句といえば、

「Will you ~ ?」 or 「Can you ~ ?」
~してくれませんか?

この場合は、語尾に Please をつけたほうがいいでしょう。
最も丁寧な言い方は、
「Could you ~ ?」 誰に言っても嫌な印象をもたれないので、私はこれを使います。

たとえば、
「Could you clean up my room?」
私の部屋を掃除してくれませんか?

こう言うと、「喜んで!」って感じで快く返事してくれます。

ほかにレストランやスパを予約してほしい時には、
「Could you make reservations ○○?」
○○を予約してくれませんか?

そして、次に必要なのは、“いつ”ということだから、はっきり日時を伝えましょうね。

でもねー、数字って意外と聞き取りにくいからメモ用紙に書いてやり取りすると間違いがないですね。
[PR]
by salakjus | 2006-02-25 22:10 | 私にとっての便利なEnglish

心も頭も海外旅行準備中=その2=

海外旅行が近づくと突然始めるのが英会話の練習。
I'm devoting myself to English studies. 

d0039801_21175997.jpg実は、私の彼はアメリカに留学経験があり、英語はペラペラなんです。
だから海外旅行に行っても、空港やホテルで言葉が通じなくて困ることはありません。
もちろん、現地の言葉しか通じないようなローカルな場所ではべつですが・・・。
だから彼は、私にとって“海外旅行の必需品”なんです。


でも、いつもいつも彼に頼らなければ、何も出来ないのでは情けない。
なによりも不便だしね。
だから少しずつ英語を練習しています。

そこで、
《私にとっての便利なひとこと英会話》

海外旅行中によーく使うフレーズ2です。

「Do you have ~ ?」 or 丁寧に言うなら 「May I have ~ ?」
 ~ありますか?(語尾をしっかり上げて疑問形にしましょう。)

お店やレストランで欲しい物がある時、~ にあたる部分に欲しい物をいれればOK。

たとえば、朝食時にトマトケチャップがなかったら、日本語だと「トマトケチャップは、ありますか?」または、「トマトケチャップを持ってきて下さい。」と言いたい。
そんな時は、

「Do you hava tomato catchup?」

この言い方をすると、優しく聞こえるのです。『なければないで仕方ない。』という意味が含まれているからです。
もしも、「Please bring tomato catchup.」と、いうと『なにがなんでも持ってきて下さい!』という意味にとられて、もしもない場合は相手を困らせることになります。
「Please give me tomato catchup.」では、『ガキじゃないんだから・・・。』

私の場合、レストランでまず最初に言うことは、
「Do you hava a wet towel?」

しかーし、バリ島では
「Do you hava a OSHIBORI?」
そうなんです。“おしぼり”は、バリ語?!らしいよー。
[PR]
by salakjus | 2006-02-22 21:20 | 私にとっての便利なEnglish

心も頭も海外旅行準備中。

海外旅行が近づくと突然始めるのが英会話の練習。
I'm devoting myself to English studies. 
d0039801_1035679.jpg
「バリ島に行くんだから、インドネシア語(バリ語?)を勉強しろ!」と、突っ込まれそうだけど・・・。
もともと語学の習得は得意な方ではないので、これ以上いろいろな言葉を覚えるのは、無理。
こう書くと「そんなにいろいろな言葉を話せるの?」と、誤解されそう~。

正直に言うと、タイ語と韓国語を20フレーズくらい知ってるだけです。

仕事の都合で韓国人と知り合い、韓国に興味を持ってソウルに遊びに行きました。
その頃は、まだ2002年韓日ワールドカップのずーっと前。
ソウルの街中は、日本語はもちろん、英語の表記もほとんどなくて、ハングルが読めなかった私は、「食べたいものが食べられなーい。」
2回目の渡韓時には、2日間きっちり勉強して、ハングルを読めるようにしました。
「これで完璧!食べたい料理が注文できるわ。」
でも、実際にソウルで体験したことは、「ハングルが読めても正しい発音ができないから、通じない。」
韓国語は、日本語にない母音が多くて発音が難しい。

結局、レストランでもメニューを指さし「ハナ、ジュセヨ。(一つ、下さい。)」

追い討ちをかけたのは、
キム氏の「韓国語を覚える暇があったら、もっと英語を勉強した方がいいですよ。英語は世界の共通語だから。」と、いう優しい一言。
あっさり韓国語は、メゲてギブアップしちゃいました。

話がずれちゃったけど・・・

どこの国へ行っても、やっぱり英語が話せる(聞き取れる)と便利だもんね。
だから、
I'm devoting myself to English studies. 

そこで、
《私にとっての便利なひとこと英会話》

海外旅行中によーく使うフレーズです。
「I'm sorry, but I can't catch what you said.」 
私は、あなたが言ったことを聞き取れません。
d0039801_1071460.jpg

ホテルなどで英語で何か言われた時、わからないと、ついつい、「I don't understand.」って言っちゃいそうになるけど、
これって、『意味が理解できません。』って、言ってると思われて『お馬鹿さんなのかしら?』って、思われちゃう。

だから、

英語が聞き取れなかったら 「Pardon?」

もう一度言ってほしければ 「Sorry. Could you say that again?」

ゆっくり言ってほしければ 「More slowly, please.」

それでもわからなければ 「I'm sorry, but I can't catch what you said.」 

やっぱり日本語じゃなきゃ無理って時は、
「Is there anyone here who can speak Japanese?」
誰か日本語の話せる人いませんか? 

しかーし、
「I'm sorry. Nobody can speak Japanese here.」
と、言われたら・・・(ToT)玉砕。
[PR]
by salakjus | 2006-02-20 10:15 | 私にとっての便利なEnglish