<   2005年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

バスルームで、アロマセラピー

d0039801_1054972.jpgバリ島では、非日常の世界に浸れる場所。
朝、起きたときから夜寝るまで、ずーっと演出しましょう。
特にバスタイムは充分リラックスできるような非日常の演出ができますね。
私にとって、夢のようなリラックスタイムを過ごすためにもっとも大切なものは、“香り”です。
自宅のお風呂は、マンションのごく普通のサイズ。
とてもじゃないけど、キャンドルなんかつけたら換気扇全開にしないと窒息しちゃう。
当然、アロマを楽しむなんて夢のまた夢。
しかーし、バリなら可能なのよねー。
以前、フラワーバスのことをブログで書きましたが、私の夜のバスタイムの演出は、まず最初にフラワーバスで使用されていたお花をバスタブの周囲に飾って、アロマキャンドルに火を燈します。
d0039801_1010936.jpgそして、冷やしたシャンパンとバブルバス用のソープを準備してバスローブに着替えます。
バスタブに腰掛ながらシャンパンを飲み、白い泡がバスタブに貯まるのを眺めて待つ。
あぁー、今、書きながら、
キャンドルの灯に飾られたアノ大理石の大きなバスタブに横たわり、ほのかに香る甘いアロマに包まれる幸せを思い出しちゃった。
早く、バリに行きたーい。
[PR]
by salakjus | 2005-05-31 10:12 | バリの思い出

みんなで食べれば、臭くない!?

ほぼ毎月1回、友人10数名と「大勢じゃないと楽しめない料理を食べる会」を開いています。
中華、タイ、韓国料理が中心ですが、みんなでワイワイ言いながら品数を多く食べています。
いつも行く大久保の【ヤンの家】は、雑誌やテレビで紹介されて以来、大人気で週末は予約無しでは入れません。
韓国料理といっても、焼肉以外にもいろいろあります。
そして、このお店は見かけよりも辛くないので、韓国料理初心者でも美味しい食べられると思います。
この“ブデチゲ”も具沢山で美味しいです。
是非、大勢で行っていろいろな料理を食べて下さい。
ただし、全身ソウルのニオイになります。洋服と翌日の予定をよーく考えて行って下さいね。

d0039801_985324.jpgd0039801_993352.jpg
[PR]
by salakjus | 2005-05-29 09:12 | アジアを食す

羽田空港でランチ♪

東京に住んでいると、海外旅行に行くときは直接、成田空港に行くことが多いのですが、
最近は、韓国へ行く場合、羽田空港を利用する方が便利ですよね。
同様に韓国から来る人も羽田に着く便を利用するケースが多いですね。
と、いうわけで昨日は、会社の同僚と取引先の知人を迎えに羽田空港へ行きました。
コリアンエアーラインを利用すると到着は12時なので、空港内で「早お昼」を食べることになります。
ご存知の通り、第1ターミナルと新しくできた第2ターミナルそして国際線ターミナルを結ぶ無料シャトルバスに乗ると移動は簡単です。
d0039801_11244255.jpg国際線ターミナルは、びっくりするほどショボイので、国内線のターミナルで食事をした方がいいです。
しかし、空港内のレストランは、高いですよ。しかも、失敗する確率も高いです。
そこで、一つの方法としては、空港ターミナルで売っている“空弁”を買って食べることがお勧めです。
第2ターミナル2階の【空弁工房】には、有名店のお弁当が揃っていて、迷っちゃいます。
でも今回は、カフェを利用してみました。

d0039801_1125165.jpg【空弁工房】の隣にある【ART COFFEE SHOP】は、空いていて店内は明るくゆっくりできそうだったので、思わずはいってしまいました。

d0039801_11251770.jpgまったく、期待せずに“魚介とトマトのペスカトーレ”を注文したのですが、これが意外にも成功でした。
確かに1,400円もして、サラダも飲み物も付かないので、お得感はまったくありません。
銀座の一流イタリアンレストラン並みの高飛車な料金設定ですね。
空港内という特殊な条件でなければ、誰もわざわざ食べには行かないでしょう。
同じ1,400円でパスタランチもありました。こちらは、パスタは日替わりでイタリアンスウィーツとコーヒが付きます。
でも、味は悪くありませんでした。
場所も出発ロビーのほぼ中央で、出発ゲートの正面にあります。
いざという時に使える便利なレストランを一つ見つけてラッキー、って感じです。
[PR]
by salakjus | 2005-05-27 12:00 | アジアを食す

バリでは、セレブ気分でロマンチックディナー

d0039801_20335359.jpg初めてバリに行った2年前。思いがけず、ホテルからパーティーの招待状が届けられました。
ホテルが新しく建てたウェディングチャペルのオープン記念のカクテルパーティーです。
ちょうど、サンセットにあわせて開かれたパーティーは、美しい庭で“マネージャー”の肩書きを持つスタッフとおしゃべりしながら、カクテルやシャンパンを飲みながら、青い海に沈む美しい夕日を眺めた素敵なパーティーでした。
こんな予定外のパーティーは、珍しいと思いますが、いくら暑いからといってTシャツしか持っていないと、いざという時に困ります。
こんな非日常的な出来事を楽しむためにもドレスは必要ですね。
パーティーがなくたって、バリでのディナーは、自分次第でどんな風にもロマンチックを演出できます。
いいえ、自分が想像していた以上に、スタッフが演出してくれます。
だから、普段以上にドレスアップしてロマンチックディナーを楽しみましょう。
バリでなら、大胆なドレスを着てセレブのように振舞うことも許されるのです。
[PR]
by salakjus | 2005-05-25 20:34 | バリの思い出

ビギナー流=バリ島贅沢旅行企画書・その3=

“私流・バリ島で贅沢&快適にヴィラライフを過ごす方法”

d0039801_1130324.jpg【チェックインバリ】の《初めてのバリ》は、とっても参考になります。
海外旅行に慣れている人でも、バリ島は?という心配を解消してくれるありがたいコーナーです。
私は、初めてじゃないけど、ビギナー組なので出発前には再確認のつもりで、毎回チェックしています。
その中で、 「バリに持っていく物」 があります。
ここで書かれている通り、一週間以内の短期の旅なら、出来るだけ荷物は少なく(大きなトランクの半分はカラ)にして出かけましょう。
そして、帰りにはお土産でトランクをいっぱいにするのだ!
「私は、ショッピング嫌いだから・・・。」と、いう人にも大きめのトランクをお勧めします。
バリ滞在中にいつもキレイに荷物整理をしているなんてメンドクサイので、何でも放り込んでバーンと蓋を閉めて簡単に鍵をかけて置けたほうが便利です。
最後も、どうせ日本に帰るだけなんだから、出発前に汗かきながらパッキングなんかしたくないしね。
ぎりぎりまで余裕で遊ぶためにもトランクは大きめな物がいいです。
それじゃあ、何を持っていくか、
d0039801_11343648.jpg心配症じゃなくても慣れない土地に行くんだから、あれもこれも必要なんじゃないかと考えちゃいますよね。
でも、普段使っている化粧品など以外は、そんなに神経質にならなくても大丈夫って感じです。
バリにも、コンビニやスーパー、デパートもあります。いざというとき必要な物はバリでも買えます。

そこで、私がバリ島旅行に持っていく物をいくつかあげてみました。
◎:絶対必要
パスポート、現金、クレジットカード、航空券、ホテルの予約確認書(メールの返事は、絶対印刷して持って行きましょう。)
薄手の長袖長ズボンのパジャマ(エアコン効いてます。)、かゆみ止め・日焼け止め・防虫スプレー(肌が弱い人は、日本製の方が安心)、鎮痛薬・胃腸薬

○:あったほうが便利
薄手の長袖の服か薄手のショール、サングラス、サンダル、デジタルカメラ(充電器)、帽子、コンセント(丸形2ピンCタイプ)
歯ブラシ・歯磨き粉、ウェットティッシュ、マスク(機内は乾燥しているので)

d0039801_11135883.jpg△:バリでも買える(ホテルにある)けど
石鹸・シャンプー(万が一品質がよくなかったら、買いに行く)、濡れた物を入れてもいい大きなバッグ(プールサイドに持っていく荷物を入れたりするけど、何かと便利)
サマードレス(せっかくのキャンドルライトディナーなのに、Tシャツと短パンじゃぁムード台無し、それに急にカクテルパーティーやディナーに誘われることだってあるしね。)

d0039801_1113716.jpgd0039801_11133569.jpg×:持って行く必要のないもの(バリで買えるもの・借りられるもの)
蚊取り線香、変圧器(重いだけでいつも無駄になる)
[PR]
by salakjus | 2005-05-24 11:41 | 贅沢旅行企画書

「大人の女の贅沢主義」

Garbo ガルボ「大人の女の贅沢主義」というサイトに『楽園・バリ島、その奥へ。(vol.031 2004/12/13 )』 を見つけました。(もう知ってるよ!っていう方も多いと思いますが・・・。)
d0039801_9143431.jpgそこに書かれた、“心と体をとろけさせる、満ち足りた愉悦の空間、バリ島。誰も知らなかった本当の楽園は、こんなにも身近で美しい…。”というキャッチコピーにウルウルしちゃっいました。
このサイトの写真を見れば、説明なんかしなくてもバリにハマる気持ちがわかってもらえる気がします。
8月の渡バリもやっと宿泊先が決まり、心はもうバリでのヴィラライフに飛んじゃってます。
[PR]
by salakjus | 2005-05-23 09:01 | 贅沢旅行企画書

ビギナー流=バリ島贅沢旅行企画書・その2=

“私流・バリ島で贅沢なヴィラライフを過ごす方法”

d0039801_1662510.jpgさぁーて、どのホテルに泊まるか決めたら、次は予約ですよね。
皆さんは、どうやってホテルを予約しますか?
日本の常識だと、当然ホテルのホームページからインターネット価格を探して予約するのが一番安い。
でも、バリ島の場合、現地の旅行会社を通して予約した方が直接ホテルに予約を入れるよりも安いみたいです。(ただし、ホテル直予約のみの特典がある場合もあるので、要チェックです。)
観光が主な国や地域の場合は、この傾向が強いのでよーくリサーチしましょう。
特にバリの場合、税&サービス料21% が料金に含まれているかどうか要チェックです。
ぱっと見、安いと思っても、このTAXは、ばかに出来ません。
あと、クレジットカードで支払う場合、カード支払い手数料がかかる場合があります。
多くの旅行会社は、3~5% を設定しているので、これも踏まえてよーく計算しないと、本当はどれが得かわからなくなります。
もちろん、ただ安いだけで選ぶといろいろトラブルがある場合もあるようなので、信頼できる旅行会社を選ぶことも大切ですね。
結果として、「あー、良かった。」と、思える会社を自分で探してください。
それには、【チェックインバリ】のBBSを利用して、先輩方の体験談を聞くのもいいと思います。

ーウワサ話ー
日本人向けの現地旅行会社は、「高い!」というウワサを聞きます。
英語のサイトと日本語のサイトでは、同じホテルでも部屋代が違うというのですが、はたして本当でしょうか???。
私が実際、同じ会社の英語サイトをチェックしても同じ価格表示でした。(もちろん、USドル表示)
だから、あんまり神経質になる必要はないと思います。
同じようなウワサとして、フランス語やスペイン語のサイトは安いと聞きますが、私的にはこの言語で旅行会社と契約できる語学力がないので、諦めてます。
また最近は、韓国や中国の旅行会社が安いらしいんですが、これはホテル側が韓国人や中国人向けに安い特別価格を出しているようです。
でも、宿泊予約をする際に日本人だとわかると予約を受けてもらえません。
つまり、日本人向けの現地旅行会社が特別に高く、ぼったくっているわけではないようです。
だから、安心して日本語サイトで探して、旅行会社を比較検討するといいと思います。
もしも、この“ウワサ話”に疑問やご意見がある方は、“コメント”に書いてください。
ただし、これはウワサ話ですから、誹謗中傷はやめましょうね。
[PR]
by salakjus | 2005-05-22 15:26 | 贅沢旅行企画書

ビギナー流=バリ島贅沢旅行企画書=

偉そうに、こんなブログを開設しちゃってますが、実はバリ島へは3回しか行った事がありません。
つまり、バリ・ビギナーです。
そんな私ですが、生意気にも個人手配でバリに行きます。
海外旅行は、この10年で30回以上ですから、成田空港には通い慣れているほうだと思います。
その経験から言わせていただくと、『贅沢な海外旅行は、個人手配の方が安い。』です。
つまり、飛行機は、ビジネスクラス以上のシートで、最高級ホテルのスウィートに泊まる旅をするなら、断然個人手配がお勧めです。
えっ?そんな贅沢な旅をする金持ちは、自分で手配なんかしないで、ツアー会社に全て任せるだろ!ってか。
でもさー、“自分ご褒美”に贅沢な旅をしたいけど、どうせなら少しでも安い方がいいっていう人だっているでしょ。
ハーイ!私でーす。
過去3回とも、バリ島へはビジネスクラスで行って、プライベートプール付きヴィラにこだわって宿泊しています。

“私流・バリ島までビジネスクラスに乗って行く方法”
d0039801_10184855.jpgえへへ、またまた偉そうだけど、実は簡単。
航空会社のホームページでWebの正規割引エコノミーチケットをゲットして、貯めたマイルを使って、アップグレードすればビジネスクラスに乗れます。
今年の3月31日までは、この方法でビジネスクラスに搭乗してました。
この方法だと、正規のエコノミーチケットなので、成田ーデンパサール間のフライトは、しっかりマイルが加算されます。
1回のフライトで、毎年初回搭乗ボーナスマイルも加算されるので、なんだかんだで16,000マイルくらい付きます。
残りは、仕事関係で利用した飛行機のフライトマイルやクレジットカードを利用してショッピングすれば、一年間で足りないマイル数くらいなんとか貯まります。
こうして、毎年アップグレードに必要なマイルを貯めれば、毎回ビジネスクラスに乗れました。

d0039801_10193496.jpgしかーし、今年の3月31日の手配を最後にこの方法が出来なくなりました。
Web早割りの格安エコノミーチケットからでは、アップグレード出来なくなってしまいました。来年からどうしようぅぅぅ。

来年のことは、置いといて、
こうして、飛行機代は8万円位でビジネスクラスをゲットしたら、次はヴィラです。
さぁー、どこにしようかなぁー。
せっせと、【チェックインバリ】をチェックして散々迷って決めましょうねー。
[PR]
by salakjus | 2005-05-20 10:00 | 贅沢旅行企画書

『辛い』が好き♪

昨日はタイ料理が食べられなかったので、どうしても辛い料理が食べたくなってしまいました。
そこで、最近お気に入りの四川料理店にランチを食べに行きました。中華料理も広い意味で、アジア料理ですからね。
場所は、東京駅近くの【中国四川料理 唐人吉華】です。このお店は、陳健民直伝の四川料理が食べられるお店として、ちょっと有名みたいです。
東京駅八重洲口から日本橋高島屋に向かう途中スターバックスの横の裏小路にあるお店で、場所はわかりにくいけど、看板が真っ赤だから見つけやすいかも。
ネットで調べると「坦々麺がお勧め。」という意見が多いみたいですが、辛さが程よくて(私には)なんでも美味しい♪
d0039801_1352010.jpg
d0039801_1353542.jpg
ランチは、1,000円前後でザーサイとご飯、日替わりスープ、デザートが付きます。
私のお気に入りは、“バンバンジー”なんだけど、この日は辛い料理が食べたかったので、“麻婆豆腐”を頼みました。
辛いものが苦手な人は、一口食べて直ぐに「辛い!」って、ご飯を口に放り込んでいました。
でもねー、このピリ辛さ加減がいいんですよ。唇がピリピリしちゃうくらいがタマラナイ。
あと、隠れた一品がザーサイです。これだけでも、ご飯がガンガン食べられちゃいます。
もしも、東京駅近くで中華料理が食べたくなったら、一度行ってみてください。
ただし、平日のランチタイムは、混んでます。
[PR]
by salakjus | 2005-05-16 14:00 | アジアを食す

タイの匂いだ!

タイフードフェスティバルに行って来ました。「とっても、混んでる。」と、聞いたのでしり込みしていたのですが、ずーっと気になっていたのでどんな感じか見に行きました。
d0039801_18285100.jpg原宿駅から人の流れについて行くと、にぎやかな音楽が聞こえてきました。
入り口の門の辺りには、人があふれていて、携帯電話片手に待ち合わせ相手を探す人がたくさんいました。
お昼時を過ぎていたので、そんなに混んでいないことを期待したのですが、会場内に入ると、噂通り、すごい人!
「ひえー、これでは落ち着いて食べられない。」
とりあえず、300円のタイビールを買って、飲みながら人の波にもまれ、押されながらただただキョロキョロするばかり。
すれ違う人たちは、みんなタイカレーやタイラーメンを大事そうに持っていて、ちょっと羨ましい。
どの店も長蛇の列。というか、どの列がどこにつながっているのかもわからない。
『なんか、食べたいなー。』程度の気持ちでは、何にも買えません。
強い意志を持って、『絶対、買うぞ!』と人混みをかき分けないと、食べ物はゲット出来そうにありません。
そんなこんなで、とりあえずうろうろしていたら・・・、
急に空が暗くなってきて、雨が降ってきました。
雨宿りできそうな所もないし、だんだん雨が強くなってきたので、仕方なく会場をあとにしました。
なんにも食べなかったけど、会場内で“タイフードの香り”を存分に堪能できたのでそれなりに満足できました。
来年は、『絶対、食べてやる!』っていう強い意志を持って、会場に行こうと思います。
ただし、雨さえ降らなければね。
[PR]
by salakjus | 2005-05-15 18:30 | アジアを食す