「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ロマンチックに六本木デート♪

いやー、ますます寒くなって、冬ですねー。
それになんだか、忙しくなってきたなぁと感じるのは季節柄でしょうか?
久しぶりにフェイシャルエステして、それから美容院にも行ってきましたよ。
オンナは、30過ぎると、時間とお金をかけないとキレイでいられないのが、辛い。
そんなわけで、今日は夕方近くになって待ち合わせしました。

今回は、【たまにはロマンチックに、六本木デート。】

「夕飯どうする?」
「焼き鳥!」
「じゃあ、予約するか。」
そうなんです。20代の頃と違って、フランス料理よりも純和食の方がよくなっちゃうんです。
そこで、彼が予約してくれた焼き鳥屋へGO。

私のお気に入りは、【伊勢廣】です。
京橋に本店があり、都内に数店の支店があるのですが、私は紀尾井町にあるニューオオタニ店によく行きます。
d0039801_10163732.jpg実は、有名な巨乳タレントのK姉妹がお気に入りのお店としてテレビで紹介していたんですが、どちらかというと場所がら大物政治家がよく来るお店です。

以前、K姉妹の妹さんが10人前くらいお土産に買って帰って行くのを2回ほど見たことがあります。d0039801_10165692.jpg


「誰とあんなに食べるのかしら?」
「お姉さんとだろ。」
「二人じゃ食べきれないでしょう。」
「じゃあ、外人の男だろ。」
「そうかもね。」
なんて、くだらない事を想像したことがあります。
d0039801_10171779.jpg
東京には、数え切れないほど焼き鳥屋がありますが、皆さんのお勧めのお店はありますか?
私的には、都内で1、2を争うくらい美味しい焼き鳥屋だと思っているので、興味のある方は、是非行かれてみてください。



えーっと、
たらふく焼き鳥を食べて、美味しい日本酒でいい気分になったところで、
「六本木のイルミネーションが見たーい。」

表参道の街路樹からクリスマスイルミネーションが消え、とっても寂しいのですが、
今をトキメク六本木ヒルズは、今年も華やかですよー。
たしか、11月に入ってすぐくらいからクリスマスバージョンのイルミネーションになっているんでが、週末なのに、意外と空いていて、あっさり駐車出来ちゃいました。
d0039801_10193653.jpg
「わー、さすがに綺麗ねー。」と大喜びしている私の横で、
必死に写真を撮ろうとしている彼が
「なんかなー。イマイチだなー。」とポジション選びに悩んであちこち移動。
「どう?いい写真撮れそう?」
「いいや、去年の方が良かった気がする。あのさー、まだ葉っぱがいっぱい残ってるから、あんまり光がないんだよ。それに木が大きくなっちゃって、東京タワーをさえぎるんだよね。」
(左上:今年の11月、右下:2003.12月。あきらかに2年前の方がいい。)
「ふう~ん。」d0039801_10201118.jpg
「ちょっと、早すぎたね。だからまだ人が少ないんだ。」
「じゃあ、また来る?」
「そうだね。もう少し、寒くなって葉が全部落ちたら、いいだろう。」
「やったー、また来れるわw。」
そんなことを言いながら、超高級ブティックが並ぶ坂道をぶらぶら歩いていると、
とってもステキなコートが目に入った。
「これ、ステキ!」
「そうだね。見たいの?いいよ。行ってくれば。」
「いい。」
「なんで?いいよ。見てくれば。」
「いい。だって、どうせ高くて買えないモン。」
「へえー、珍しいこと言うねー。いつもは、買わなくたって、試着はしたがるくせに。」
「いいの。ここで無駄使いしてる場合じゃないもん。そんなお金があったら、バリに行く!
「はあ?なんでバリなの?」
「あのねー。バリに新しくブルガリのホテルが出来るんだって。HPで見たの。すっごく、ステキだった。」
「また、ブルガリかよー。」
そうなんです。先週、彼はブルガリで痛い目にあっているので、敏感に反応しました。
「オーシャンビューのステキなヴィラよー。絶対、行きたい!」
「バリのどこ?」
「ジンバラン」
「ジンバランって、テロがあったとこじゃん。」
「違うよ!」
「そうだろ。フォーシーズンズのそばだって言ってたじゃん。」
「忘れた!」
「なんだい、それ。」
「とにかく、今度の渡バリは、ブルガリよ。」
と、東京タワーの夜景を眺めながらバリへと思いをはせる今日この頃ですぅ♪
[PR]
by salakjus | 2005-11-28 09:00 | 大人のオンナの東京デート♪

この時期だから行きたい!今日は、新宿デート♪

しばらくバリ島に行くチャンスがなくて、はっきり言ってネタ不足

そこで、30オンナのぶっちゃけ本音トークと共に、私が暮らす“東京”を紹介しようと思いました。

今回は、【この時期だから行きたい!今日は、新宿デート。】

あなたは、“新宿”というとどんなイメージがありますか?
「30過ぎの大人の女がデートする場所じゃない!」と、いうご意見もあるでしょうが、
あえて、この時期はクリスマスイルミネーションを楽しみながら、彼にオネダリするのよー。
銀座に誘うと敵(彼)に身構えられるでしょ。
だから、新宿なのです。

d0039801_11151241.jpgJR新宿駅は、東口を出ると正面に、あの有名なアルタがあって、その先は歌舞伎町。
西口は、二つのデパートに囲まれたロータリーの先は、都庁と新宿御苑へ続きます。
そして、私が待ち合わせする場所は、南口。
南口は、現在工事中なのですが、甲州街道を渡ると線路を挟んで右側がサザンテラス。
左側は、タカシマヤタイムズスクエアの遊歩道です。
今年もココにクリスマスイルミネーションが設置されています。

d0039801_1174660.jpgサザンテラスの街路樹も電球で飾られ、それなりにキレイ。
少し冷たくなった手で彼の手をそっと握れば、「寒いの?」 「ちょっとね。」と、彼に寄り添い甘えモード。
だって、周りはカップルだらけ。自然と仲良しモードになれちゃうの。
「わー、キレイね。もうすっかりクリスマスね。」なんて言いながら、線路を渡る橋に向かいます。
橋を渡った向こう、タカシマヤタイムズスクエアの遊歩道には、華やかな光のゲート。
このクリスマスイルミネーションのゲートをくぐれば、もう盛り上がるしかないでしょう。
そう二人の気分は、クリスマス。
そして、クリスマスといえば、プ・レ・ゼ・ン・ト。
だってココは、タカシマヤよ。
「寒くなってきたね。中に入ろうよ。」と、彼をうながせば絶対イヤとは言われない。
そこで、気をつけなくちゃいけないことが一つ。
遊歩道から入れるフロアは、アクセサリーや靴、バッグなどほしいものがいっぱいなんだけど、このフロアで終わらせられては、かなわない。
あくまでも、他のカップルが楽しそうに指輪やネックレスを選んでいる姿を彼に見せるだけ。

「もう、クリスマスプレゼントを買ってるのかしら?」
「君もプレゼントしてほしいの?じゃあ、ちょっと見るか。」と、言わせたらこっちのもの。
「嬉しい~。選んでもいい?」と、言いながらエスカレーターに乗る。

一つ上のフロア(3階)は、インターナショナルブティックがあるのです。
ほーら、お目当てのブランドサロンが見えてきた。
とりあず、ジュエリーならカルティエとブルガリがあるからOK。
バッグならプラダ、グッチ、フェラガモ・・・。
ヴィトンかエルメスがいい場合は、逆に1階に下がりましょう。

新宿タカシマヤのいいところは、客層のターゲットが若い人。
だから、ブランドサロンもあんまり高価な物を置いていないんです。
カルティエやブルガリも100万円以上のハイジュエリーは、ほとんど展示されていません。
だから、ガラスケースの中をのぞいた彼にもびっくりされない。

「どう?これ。」と、指させば「してみれば。」と、いうことになり、
最初は、宝石が付かないシンプルなデザインのものをするんだけど、
お店の人は、同じデザインでダイヤがついたものを持ってくる。
試しにしてみると、当然、ダイヤが付いた方がステキだし、私には似合うのよね。
だいたい、この手のジュエリーは、ダイヤの量によって極端に値段が違うんです。
だから、「どっちがいい?」と、尋ねれば、「そりゃあ、こっちだろ。」と、一番高いヤツがよくなっちゃう。
でも、彼の予算を考えると一番高いのは、ねだれない。
だから、ちょっとだけダイヤがついた中間のグレードのをほしがるの。
一番高いダイヤがいっぱい付いてるヤツは、すっごく高いから、
その下のグレードのものは、安く感じちゃうのよねー。
彼も、私が一番高いのをほしがらないから、なんかいい子っぽく思ってるみたい。

こうして、ちょっと早いクリスマスプレゼントをゲットです♪
[PR]
by salakjus | 2005-11-20 11:16 | 大人のオンナの東京デート♪