「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

シンガポールでお立ち寄りショッピング

そろそろ、お正月を海外で過ごす方達は、出発準備に追われている頃でしょうね。
いやいや、すでに飛び立っているかも。
私は、「元旦は、一家全員揃って、おせち料理をいただくこと!」と強く主張する両親の手前、年末年始にかけて海外に行けないのです。
仕方なく、この時期の渡バリはあきらめております。
あー、本当は、バリに行きたーい。

そこで、寂しさを紛らわせるためにせっせと来年の旅行計画を立てて、過ごしています。
皆さんもご存知の通り、フライトマイルの有効期限は12月31日まで。
散々迷って、来年の予約をしました。
ANAのホームページがグレードアップして、マイルを利用したアップグレードの予約も出来るようになり、席も座席位置を確認しながら事前予約できて、とっても便利。
まだ、宿泊先は決めてないのですが、よりあえず日程と飛行機は、決めました。
d0039801_1645170.jpg来年の夏休みも、シンガポールで往復トランジットしてバリでの~んびりする計画がいよいよ現実味がおびてきましたよ。
シンガポールでトランジットなんて無駄な時間を使っているように思われ方も多いみたいですが、7月のシンガポールは、大バーゲンセール中。まさに“お買い物天国”なんです。

d0039801_1654015.jpg

南国らしい鮮やかな色のちょっぴりセクシーな夏服が爆安で買えるのですよ。
もちろん、日本のオフィスでも着れるインナーもばっちりそろっているし、多国籍でいろいろな人種がいるから、サイズも豊富。
Dカップの私としては、胸元ゆったりのタンクトップやブラウスがいっぱい買えて嬉しい~。
ここ数年は、日本国内でほとんど夏服を買う必要がないくらい、シンガポールで買いまくっています。
d0039801_16629.jpg行きは、ANAを利用しているのでシンガポールに到着するのは深夜です。
仕方がないのでその日は、ホテルに宿泊します。だから普通の旅行と同じように過ごすので特別な裏技はないのですが、
もしもシンガポールエアラインを利用してバリに行くなら、中心街のオーチャードにあるシンガポールエアラインのオフィスでチェックイン手続きを済ませてしまいましょう。
2日前からチェックインできるので、便利です。

帰りは、お昼の便でバリを出発すると午後3時頃シンガポールに到着します。
ANAの成田行きは、深夜発なので6時間以上待ち時間ができます。
そこで、街中へGO!です。
手荷物は、空港内の一時預かり所に預けて、地下鉄で移動します。
地下鉄は、乗り換えがあるのでメンドクサイと思われる方は、タクシーがいいでしょう。
とにかく、デパートやショッピングセンターが立ち並ぶオーチャードかラッフルズシティに行けば、お目当ての服(水着)や靴がずらー。
ぜーんぶ、半額以下なのでついつい色違いで買ったりしちゃいます。
d0039801_1665768.jpg

そして、シンガポールで買ったビキニ着て、バリで優雅にバカンス。
これからも恒例にしたいわ~。
[PR]
by salakjus | 2005-12-27 16:00 | 贅沢旅行企画書

西日暮里でランチをご馳走になる♪2

またまた下町でビジネスランチです。

以前も書きましたが、私は“おじ様(お爺様)キラー”です。
今回も下町の社長さんに誘われて“西日暮里”でビジネスランチしました。

今回は、ある雑誌に載っていたお店にランチを食べに行きました。
というよりも、いつも行っていたお店がなぜか雑誌に載っていたんです。
そこで、その雑誌の“ニューオープン・東京の最先端のお店はココ”っていうページは、たんなる広告宣伝ページなんだとわかりました。
d0039801_1011021.jpg
このお店は、スペイン料理のお店で、西日暮里界隈では20年以上前からあるお店です。
駅から1分なので、便利です。
しかし、
別にまずいわけではないけど、わざわざ電車に乗って行くほどのお店ではないような気がします。
もちろん、間近でフラメンコが見られるという特徴はあります。
でも、このフラメンコがくせものなんです。
d0039801_10114979.jpgよっぽど好きならいいけど(「好きじゃないなら、なんで行ったんだ!」と、言われそう。)、オジサマ社長に連れて行かれて、
たまたまフラメンコの日にあたってしまった時には、大変なんです。
“いい席”は、当然一番前のかぶりつき席です。
うるさくて、話もできません。
おまけにスカートを振り回してバタバタ踊るので(良さがわかっていないので、失礼なこと言ってスミマセン)、ホコリがすごい。とにかく、食べた気がしません。
常連の社長は、「私もね、フラメンコはどうでもいいんだよ。ただこの辺では、まあまあの店だからね。忘年会で使うんだよ」と、言ってステージから一番遠い席に座ってました。
d0039801_10123475.jpg
昼は、フラメンコはやっていません。
だからいいのですが、ランチにしては料理が出てくるのが遅いです。それに少々高め。
そんななかでも私の一押しは、“シーフードドリア”です。(←)とにかく具沢山なので食べ応え大で大満足なんです。
ランチなので1,000円でサラダとスープとコーヒーが付きます。
たまーに、ルーが少ないとご飯が焦げて硬くなるので、必ず「ルーをたっぷりかけて下さいね。」とバイトのお兄さんに言うと、
「はい。ツユダクですね。」と、快くOKしてくれます。店員さんは、みんな気さくで感じはいいですよ。
社長は、バイトの女の子をからかって冗談を言えるし、全席喫煙可なので、この店がお気に入りなんだと思います。嫌煙家には、ツライ店です。
d0039801_10125468.jpgちなみに、“シーフードリゾット”も具沢山で美味しいですよ。(→)

まあ、そんなお店ですから、興味がある方は是非いらしてみてください。
ただし、フラメンコは曜日が決まっているらしいので、電話で確認してください。


お店情報
【アルハムブラ西日暮里店】TEL:03-3806-5017
[PR]
by salakjus | 2005-12-25 10:00 | 大人のオンナの東京デート♪

昔の恋から学んだこと

d0039801_9554532.jpg毎日、寒いですねー。
寒いと悲しくなりませんか?
私は、久しぶりに泣きながら夜の街を歩きました。

今週は、連日のように忘年会&クリスマス会です。
今回は、大学のサークル仲間が大勢集まって、同窓会のようなクリスマス会。
先輩や後輩も来たので、卒業以来ずっと会っていなかった懐かしい人に会えて嬉しかった。
でも、
「よう!久しぶり~。」と、声をかけてきた先輩が
「アイツにさー、うっかりこの会のことをしゃべったら、来たいっていうから・・・。」
そう言う先輩の視線の先には、元彼が立っていた。
『なんで?』と一瞬動揺したけど、「もう、過去のことですよー。」と、笑顔で答えてしまった。

彼がこの会に来た目的は、すぐにわかりました。
一番遠い席から、私を見つめる彼の視線を感じ、何回も目が合ってしまったんです。
一次会の店を出て、二次会に移動するどさくさにまぎれて、私は一人で駅の方に向かいました。
今の彼と「二次会には行かない。早く帰るつもりよ。」って約束していたんです。

赤信号で立ち止まった交差点で、後ろから肩をたたかれ、振り返ると元彼がいました。
「もうオレのことは、忘れたのか?」
「・・・。」
「あの日、オマエと別れたのは間違いだった。」
その言葉を聞いた瞬間、街がモノクロになった。
『今さら、何を言ってるの?』そう言いたかったけど、
「彼女と結婚したんでしょ。」
「結婚は、した。だけど、」
その先の言葉は、聞きたくなかった。彼の言葉をさえぎるように
「私は、あなたがいなくてもちゃんと一人で生きてきた。」そう強く言って、彼の手を振り払い急ぎ足で交差点を渡った。
振り返らない。
絶対に振り返らない。
一気に地下鉄の階段を駆け降り、改札を通った時、ほっとして大きく息をはいた。
冷たい頬を温かい涙が伝わり落ちるのを感じてた。

元彼は、先輩の友人でいつも私たちのサークルの飲み会になぜか参加していた。
私たちは、この飲み会で知り合って付き合い始めたんです。
私の学生時代の思い出の半分は、彼と一緒だった。

付き合って3年、私が卒業を目前に控えた頃、
彼が突然別れを切り出した。
「幸せにしてやりたいと思う女ができた。」
呆然としている私に「オマエは、オレがいなくても一人で生きていけるだろう。」
そう言って、私を置き去りにして立ち去った。

私は、彼から別れを告げられたあの日、うーんと泣いたし、
「私だって、あなたがいなければ生きていけない!」って、どうして彼に泣いてすがれなかったのか後悔した。
もしかしたら、彼が戻って来てくれるんじゃないかと、彼と別れたあの場所で彼を待ち続けたこともあった。本当に本当に大好きだった。

でも、わかっちゃった。
彼の言うとおりでした。
私は、彼がいなくてもちゃんと生きていける。

そして、この恋からあることを学んだの。
「時には、弱いところを見せないとカワイイ女と思われない。」

急いで帰って、家の電話から今の彼の携帯に電話した。
「けっこう早く帰ってきたね。楽しかった?」
「そうねー。懐かしかった。でも、あなたがいないからちょっぴりつまんなかった。」
「そうか。そうか。オレがいないとダメか。じゃあ、明日忘年会が終わったら会いに行くよ。」
やったー!

二度と“一人でも生きていける女”と、言われないための
ここぞという時の決めセリフ、
「私は、あなたがいないと楽しく生きていけないの。
だから、ずっと私のそばにいてね。」

[PR]
by salakjus | 2005-12-22 09:50 | 徒然

たまには行ってみよう!秋葉原でお買い物デート。

d0039801_1043872.jpg東京は、街中がクリスマス色♪歩いているだけでうっとりしちゃう。
今日は、秋葉原の【ヨドバシAKIBA】にお買い物に行きました。

あなたは、“秋葉原”というとどんなイメージがありますか?
やっぱり、「萌え~」とか言ってるオタク男性がいっぱいで出来れば近づきたくない街と、いう女性も多いでしょう。
私もアキバは苦手。なんとなく、臭いのよね~。
でも、“週刊アスキー”愛読者の彼に、たまにはきいてあげないといけない。
だからといって、もともとある電気街は、ちょっとキツイ。

そんな、秋葉原の今までもっとも目立たなかった一角に【ヨドバシAKIBA】ができました。
開店当初は、すっごい人だと聞いていたので、近づかなかったのですが、
彼は、一人で何度か行ってるみたいだし、
「けっこう楽しめるわよ。」と、いう友人のアドバスもあり、行ってきました。

私は、電車で秋葉原に行ったのですが、新しい出口ができていて、
「へえ~。キレイになったのねー。」と、びっくり。
彼と待ち合わせたお店の1階に入ると再び、びっくり。
とにかく、広くてゆったりとしたスペースに商品が置かれていて、アキバ臭がない(失礼な言い方してゴメンナサイ。)。
それに、家電は、メーカー別なのでまるでメーカーのショールームみたい。

そうそう、駐車場は、B2~B6Fで、バイク専用のフロアもありました。
でも、1時間600円、5千円以上で1時間無料は、ちょっと高いかな。

せっかくだから、デジカメと今話題の携帯オーディオをチェック。
どんどん新しい製品が出てくるから、ついつい買いそびれちゃうのよね。
私が今ほしいのは、彼が持ってる携帯オーディオです。
一般的なのは、やっぱりiPodですよねー。
でも、私のノートパソコンはVAIOなんですぅ~。
彼は、ナント両方(iPodとSONYのウォークマン)持ってて、(だったら、どっちか貸してよ!)いつも自慢しているんです。
「ねーねー、どっちがいいかな?」なんて彼に甘えて相談。
自慢げに知識を披露してくれる彼の横で「ふう~ん。そうなんだ。」と、よくわかんないけどうなづいていました。
結局、私は買わずに店内をうろうろして、彼がソフトを買っていました。
アッ、私はおもちゃ売り場で甥っ子のクリスマスプレゼントを買いました。

d0039801_1054811.jpg
昼食は、8階のレストラン街でラーメンを食べました。
【ちゃぶ屋】は、TVチャンピオンの森住氏が手掛ける護国寺の有名ラーメン店らしいです。
先にチケットを買って、行列に並びました。
結構混んでいたので、期待大。
私たちは、ラーメン通ではないのであんまり参考にならないかもしれないけど、
彼いわく、「並ぶ価値なし。」
私も「これ、とんこつラーメン??」って、感じです。
d0039801_106162.jpg替え玉1個無料なんで、お得感はありますが、もともと量が少ないから決して大食いではない私でも替え玉しました。
一緒に揚げにんにくをトッピングしたんですが、これは正解でした。
たぶん、時間がなければ食べるかもしれないけど、わざわざ出かけて行って、並んで食べる気にはなれませんね。
まあ、今夜は美味しい夕食が待ってるからいいけどね。

その後、東京駅に移動しました。
長くなったので、そのことは次回にします。
[PR]
by salakjus | 2005-12-18 10:00 | 大人のオンナの東京デート♪

憧れの THE BULGARI RESORT BALI~♪

d0039801_941206.jpg寒いですねー。本当にそろそろ、暑いバリが恋しいわw。
私は、来年夏もちょっぴり贅沢なバリ旅行を計画中です。

バリでは、新しいヴィラが続々オープンしているようですが、その中でも最もゴージャスなイメージで注目を集めている(私だけ?)のが、THE BVLGARI RESORT BALIなんじゃないかしら?
もともとBVLGARIのジュエリーが好きだったし、ゴージャスなヴィラが大好きな私としては、「絶対に外せない!」と、ずーっと思ってきました。
時々、BVLGARIのホームページを見ては、「いいなー、こんなヴィラに泊まりたかったのよね~。まさに私の理想通りだわ。」
このホームページには、「オープンは、2006年の春で予約は2005年の12月から受付けます。」と、書いてありました。
だから、とっても楽しみにしてたんですぅ。
でも、なかなか“reservations”のページからオンライン予約が出来るようにならない!
待ちきれなくなったので、直接メールでコンタクトを取りました。
すると、Director of sales and marketing という肩書きの方からお返事をいただきました。

Thanks so much for your interest in Bulgari Hotels and Resorts, Bali.
We are looking at opening in middle 2006 and as we have not opened the reservations systems yet, our rates are indeed not postes yet.
Attached is our published rates for the resort.
Please do keep tabs on the website as we will update once the reservations are open
Best regards,

この返事を読んで、どう思いますか?

middle 2006にオープンってことは、具体的にいつ?
オンライン予約システムは、まだ出来てないけど今後もwebsiteを見守っててね。っぽいこと書いてますよねー。
それに、とりあえずって感じの料金表も送ってくれたのですが、あくまでも予定の正規料金で、まだ変更があるみたい。

でも、このRate sheetから、1ベッドルームヴィラにはOcean View VillaとOcean Cliff Villaがあることがわかりました。
ある程度高いだろうと予想はしていましたが、値段をみてびっくり!!

Low Season(May 1 - June 30 2006 , Oct 1 - Dec15 2006 )でも$1,100 + 21%(Ocean View Villa)です。
(High Seasonは、+$150)
しかも、朝食は含まれないみたい。
d0039801_9413992.jpgどうしよう。^_^;)
バリ島ではありえない値段ですよねぇ~。
彼に言ったら「家賃じゃないんだから。」と、呆れていました。
そうなのよね。他の国ならいざ知らず。
バリですよ。バリ!
お手頃値段でゴージャスなプライベートプール付きヴィラに宿泊できるから、バリが大好きなのよね~。
ハイシーズンでも$1,250だせば、お気に入りの他のヴィラに何泊できることやら。

う~ん、それでもブルガリに泊まりたい!
なんとかして、もう少し安くブルガリのヴィラに宿泊する方法を考え出さなくっちゃ。
どなたか、いい情報をお持ちでしたら、教えてくださーい。d0039801_9394946.jpg

d0039801_9424828.jpg
[PR]
by salakjus | 2005-12-15 09:30 | 贅沢旅行企画書

初体験♪デジタル(サイエンス)パーマ

d0039801_2194146.jpg突然ですが、イメージチェンジしたくてパーマをかけることにしました。
偶然、チラシを見て「デジタルパーマ?形状記憶するって何?」と急に興味を持ったのです。
最近流行ってるみたいですねー。

思いたったら吉日♪というわけで、早速予約して美容院に行ってきました。
そして、かけてきましたわw

みごとにクルリンです。
今までカーラーで巻いたりして、結構大変だった髪型があっさり出来て、しかも一日中キープされてます。
うふふ。かなりいいオンナ風だわ。

自分でも気に入ったので、携帯で写真を撮って彼に写メールしました。
すると、「今夜行くよー。」と、ラブラブなメールが帰ってきました。
効果抜群ね。

「まるで別人みたいだなー。いいよ。いいよ。」と、大喜び。
「やばいなー。ほっとくと他の男が寄ってきそうだなぁー。」
「そうでしょ。大切にしてくれないと、どっかにいっちゃうわよ~ん。」
女も30歳を過ぎたら、キレイでいる努力とお金は、惜しんではいけないのです。
まぁ、これでしばらくは、彼は私の虜だわ。
[PR]
by salakjus | 2005-12-13 21:12 | 徒然

お気楽友人とジンギスカン忘年会

今回は、お気楽な友人(もちろん、彼も一緒。)と忘年会です。

d0039801_8321058.jpgそこで、お昼に彼と東京駅で待ち合わせしました。
最近の東京駅付近といえば、丸の内側に新しいビルが建ち、おしゃれなショップやレストランが出来ているんです。
でも、この日はそんなおしゃれな場所には近づけない。
理由は単純。夜の“ジンギスカン”にあわせて、二人とも“どうでもいい格好”をしているんです。
だって、幹事から「すーごくニオイがつくので、ユニクロファッションでお店に集合!」とメールが着たの。
そんなわけで、この日の私たちは、八重洲側をウロチョロして、忘年会のお店に行くことにしました。
こんな格好でも入れちゃうお店といったら失礼だけど、週末の八重洲エリアとくに地下の商店街や北口を出た先の路地裏なんかは、わりとラフな格好でもOKなお店がいっぱいあります。
たぶん、平日はサラリーマンが手頃なランチを食べに行くお店なんだと思います。
d0039801_833376.jpg
私たちがランチに選んだお店は、四川料理の【唐人吉華】八重洲店です。
このお店は、上野毛に本店があるようで賛否両論あるお店みたい(絶対行ってはいけない有名店として紹介されていたこともある)ですね。


d0039801_833339.jpg
確かに麻婆豆腐も棒棒鶏のソースもかなり辛い。だけど、豚肉とピーマン炒めのような辛くない料理と両方頼んでシェアすれば、「美味しいねぇ~」。
まあ、好みは人それぞれだから、お試し下さい。(エビチリもお勧めよ。評判の坦々麺は、そんなに辛くないです。)


今年のトレンドの一つである“ジンギスカン”を東京で食すなら、中目黒が有名なんです。
中目黒は、渋谷や代官山に近いわりには、ちょっと下町の雰囲気がする町です。
だから、線路の高架下には会社帰りのサラリーマンが「ちょいと一杯飲んでいきますか?」って、言いたくなるようなお店がずら~り。
今回訪れたお店は、そんな路地の一角にある【鐵玄】です。
「ジンギスカンの割りには、高い。」と、いう評判もありますが、
3,000円の焼き物コース(羊肉と野菜焼き)にポテトサラダや名物のカレーライス、デザートを追加して、一人5,000円でしたから、まあまあなんじゃないかしら。
とにかく、全身臭くなりながら、美味しいラム肉をお腹一杯食べました。
d0039801_8335625.jpg
d0039801_8342552.jpg
来週からは、マジで連日忘年会が続きます。
この調子で食べまくっていたら、かなりヤバイ。
[PR]
by salakjus | 2005-12-12 08:43 | 大人のオンナの東京デート♪

高級ホテルでランチ♪進化する汐留でぶらぶらデート

d0039801_21124961.jpgもうすぐ、クリスマス。
なんだかウキウキしますねー。
クリスマスディナーの予約は、お済みですか?

私達は、毎年同じレストランを予約しているのですが、今年はクリスマスディナー期間中に行くことが出来ません。
そこで、今年は浮気しようかなぁー。
ちょっと気になるレストランがあったので、下見を兼ねてランチを食べに行きました。
そう今回は、【汐留の高級ホテルレストランでリッチなランチデート】です。
d0039801_2123879.jpg
ウォーターフロントの汐留エリアは、再開発中であちこちがまだ工事中です。
でも、このエリアには新しい高層ビルが立ち並び、その高層階には高級ホテルがあります。
その中でもひと際、高級感を漂わせているのが、【コンラッド東京】です。

地下駐車場から1階のエントランスへ。そして、28階のホテルロビーへは、直通のエレベーターに乗り換えて行きます。
28階には、ロビーとレストラン、バーラウンジがあります。
客室へは、さらに別の客室専用エレベーターに乗るようです。
d0039801_213562.jpg
今回は、メインダイニングの【ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京】でランチをいただきました。
レストラン入り口付近は、【セリーズ by ゴードン・ラムゼイ】といって、アラカルト専門のスペースで、その奥のコースメニュー専用のスペースが【ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京】なんです。
メインダイニングのわりには、明るくオープンな店内で、「気楽にお高い高級フランス料理を食べに来て下さい。」って感じです。

私達は、5千円のランチコース(ランチは、5千円のコースと季節のフルコース14,000円のみです。)を注文しました。

前菜、メインは、3種類のお料理から選べて、デザートは2種類から選べます。
もちろん、パンと食後にコーヒーか紅茶が付きます。
禁煙スペースが満席だったので、喫煙スペースに通されました。

食事の前に飲み物を注文するように言われたのですが、ミネラルウォーターにしました。
もちろん、有料。高級レストランだから仕方ないかな。
d0039801_2142076.jpgお食事前に運ばれてきた、
←この小さなスープを一口飲むと、「美味しい~♪」
濃厚なスープの中にマッシュルーム(名前を忘れました)が入っているのですが、「ココに来てよかったぁ~♪」と、思いました。
彼もこのスープを飲んで、「クリスマスは、あっちをキャンセルしてこっちにするか」と、言ったほどです。
d0039801_21291527.jpg

それから、前菜。
これも美味しかったです。量が多いので、サーモン好きには、かなり満足できます。

そして、いよいよメイン。
前菜が美味しかったので、ワクワクしながら待ちました。
しかし、期待が大きかっただけに・・・。
d0039801_215114.jpg

私が頼んだ真鯛の料理は、はっきり言って「普通」
感動するほど美味しくはないけど、別に不味くもない。フランス料理らしく、お魚がパサパサなのは仕方がないけど、もう少しリゾットに味があってもいいかな。

d0039801_2153454.jpg
彼が頼んだ和牛とフォアグラの料理は、「半分食べたら、もう飽きた。」
グラタンのようにマッシュポテトで蓋をされた深いお皿の中にデミグラスソースで煮込んだ、お肉とフォアグラがたっぷり。
でも、その味は“濃厚なハヤシライス”。
これだけ濃い味なのに、白いご飯にかけられないのは、ちょっとツライ。

デザートもかなり甘くて、濃厚な味。そのうえ量が多い。
甘いもの好きな方には、大満足だと思いますが、私達にはちょっと重かったです。
つまり、残念ながら前菜以外はあまり好みの味ではありませんでした。
d0039801_2155483.jpgd0039801_216860.jpg









満腹になったので、汐留エリアをブラブラ。
【日テレ】【ロイヤルパークホテル】などを散策して、この辺りの地理に詳しくなりましたよ。
d0039801_2165322.jpg
かなり歩き回りましたが、あんまりお腹が空かない。
当然、夕ご飯はあっさり、さっぱりがいいということになり、近所の行きつけの和食居酒屋になりました。
この歳になるとこってりとした料理は、続けて食べたくない。
やっぱり、フランス料理よりも湯豆腐と刺身が嬉しいんですよね。

今年のクリスマスは、例年通りあっちのレストランにしようかなー。
いくら有名なシェフのレストランでも自分の口に合わなければ、無理することないもんね。
今日は、いい勉強になりました。
[PR]
by salakjus | 2005-12-04 22:21 | 大人のオンナの東京デート♪

西日暮里でランチをご馳走になる♪

今日は、下町でビジネスランチをいただきました。

自分で言うのも変ですが、私は“おじ様(お爺様)キラー”です。
年配の男性、特にエライ人に気に入られます。
私は、美人ではありませんが、丸顔のなので実際の年齢よりも若く見えるようです。
飲み屋で知り合ったオジサマ達に年齢を聞かれると、
29歳までは、「女子大生でーす。」で充分通用しちゃったし、30歳を過ぎた今でも「年女(24歳のつもり)でーす。」で、通用します。

それに私は、聞き上手(自慢話にうなずき上手)なんです。
「へぇー、すごいですねー。さすがですねー。」と、ちょっと大げさに感心してみせるだけなんだけど、自分の武勇伝を話たがる、オジサマ達には可愛がられます。
「アンタを娘にしたい!」と、よく言われます。
特に中小企業の社長さんに気に入られ、よくビジネスランチに誘われます。

そこで今回は、【西日暮里でランチをご馳走になる】です。
仕事の関係で“西日暮里”に行くことがよくあります。
「“西日暮里”って、どこ?何かあるの?」と、いう方も多いでしょう。
そこで、“西日暮里”を少し紹介すると・・・。
JR山手線と京浜東北線が平行して走る駅の一つで、地下鉄千代田線と乗り換えができるので、乗降者は比較的多い駅です。

そして、この駅近くには関東の秀才が通う開成学園とアテネオリンピック金メダリスト水泳の北島康介選手の実家があります。

d0039801_10344996.jpgえーっと、それ以外は別に特徴がない下町なんです。
おそらく、一生近寄らない方も多いと思いますが、
万が一、何かの都合でいらっしゃる方のために西日暮里駅周辺でランチが出来るお店を紹介しましよう。

d0039801_1035659.jpg

今回、私をランチに誘ってくださった社長と一緒に行ったお店は、
【しゃもきち】という夜は、焼き鳥屋です。
ランチは、親子丼が美味しいお店です。

鶏の種類によっていろいろな親子丼がありますが、トロトロの玉子とちょっと濃いめのだし汁がご飯に絡んで美味しい。
今日は、ミニ親子丼にさぬきうどん(温かい汁うどんと冷たいぶっかけが選べます。)と小鉢が付いたセットで800円。  社長ー!ご馳走様でしたー♪
d0039801_10352778.jpgd0039801_1035465.jpg
[PR]
by salakjus | 2005-12-02 09:00 | 大人のオンナの東京デート♪