「ほっ」と。キャンペーン

Dカップが危うい。

台湾で食べすぎて、少々体重がUP。
彼に、「元の体重に戻らなかったら、春のバリは中止!」って、脅されてせっせとダイエットしました。
食事制限はもちろん、半身浴とストレッチに励み、10日で台湾出発前より痩せました。
彼から「そろそろ、痩せた?」と、聞かれたので「バッチリよ。」と、答えて、久しぶりの新宿デート♪
「ねーねー、ちゃんと戻ったでしょ。」
「よし、偉い。」
「じゃあ、また新しい水着、買ってくれる?」
「シンガポールでいいのがあったらね。」
「やったー!」d0039801_18333929.jpg

と、喜んでいるのですが・・・。
今朝、ブラジャーがゆるい。
あれ?カップが余ってる?
そ、そんなー。
去年以来、Dカップを自慢してきたのに、このままでは嘘つきになっちゃう。
お腹とお尻は、痩せたいけど、おっぱいが小さくなるのは、悲しい・・・。
今週からは、部分痩せに励みます。
[PR]
# by salakjus | 2006-01-17 18:45 | 徒然

今回の海外旅行中に出遭った、許せない日本人男性。

えーっと、全ての日本人男性があてはまるわけではありません。
今回、たまたま出遭った若い日本人男性の言動で『ちょっとー。それは、ないでしょう。』と思ったことがあったので、思いきって書いてみました。

“ちょっと、勘弁してよー。”の巻き

ホテルのレストランで朝食を、食べていると、
『マジ?!同じ日本人として、恥ずかしいよー。』と思う若い日本人男性2人組を発見してしまいました。
このホテルは、台北市内でも比較的宿泊代が高い、“高級”と言われるランクです。
しかも、このレストランは、隣接したショッピングモールやオフィスで働くビジネスマンも利用しています。
そんな公共の施設なのに・・・。d0039801_16254791.jpg
上下ジャージで客室用スリッパを履いたまま。
当然、ビュッフェなのでその格好でレストラン内をうろうろ。
その場にいた他の日本人観光客も驚いて、彼らの足元をじろじろ見ていました。
ここは、日本の旅館じゃないんだけどー。
ガイドブックに「外国のシティホテルでは、部屋を出る時には靴を履きましょう!」って、書いてなかったかな?
アジアと言えどもTPOというかドレスコードを気にしてほしいわw。

“もっと、頑張ってよー。”の巻き

海外で日本語が通じないのは、あたりまえ。
世界の共通語は、English。
たとえ、得意じゃなくても(上手く話せなくても)、「大切な女性のためには頑張ってよー。」って、言いたい!
例えばね。
スパで予約を入れる時やトリートメントの内容について説明を受ける時、彼女が不安そうに「ねーねー、このコースやると何時に終わるのかな?」って、彼に助けを求めても、「知らねーよ。」「聞いてよー。」「自分で聞けよ!」それは、ないだろぉー!
私も難しい単語は、知らないし、細かいことを説明するのは出来ないけど、
義務教育を終了していれば、“What time”と“this course”と“finish”くらいの単語なら知ってるよね?
って、いうかスパに行ったら、どんなことを質問したいかくらい想定できるんだから、
事前に英語を調べておくくらいの努力は、してくれてもいいんじゃない?
男性は、いつもカッコよくいて欲しい!
だから、女の子が頼ってる時は、ちゃんとそれに応えてよー。

なんで、こんなことにこだわるかっていうと、外国(日本人以外の国)人男性は、“自分のオンナは、オレがなんとか守ってやるゾ”っていう強い態度を示していますよね。
もしも私の彼が、外国で私が困っている時に知らん顔する男だったら、即 Bye-bye でーす。

同様に、朝食ビュッフェで空になったお粥の鍋の前で「これ、もうないですよー。」って言って立ち去った後、私がスタッフに新しいお粥を持って来てもらったら、「あー、きたきた。」って、言いいながら、家族に向かっておいでおいでしたお父さん!
自分の奥さんや子供達に食べさせたかったんなら、自分で注文しなさい!
男なら、愛する人のために、もう少し頑張ってよー。
[PR]
# by salakjus | 2006-01-13 16:30 | 徒然

台北2日目

d0039801_20513241.jpg
今日は、時差ぼけもあってちょっと早起きして、ホテルのビュフェでたらふく食べから出かけました。
本当は、観光好きじゃないんですが、やっぱり押さえておかなきゃいけないポイントには、行かなくちゃ。と、いうわけで蒋介石の巨大ブロンズ像がある中正記念堂で衛兵の交代を見に行きました。

d0039801_2050951.jpgそして、近くの永康街でショッピングして、小籠包を食べました。
歩き疲れたので、ホテルの近くのお店で足裏マッサージしました。
夕食は、ガイドブックにも載っている有名店で台湾料理。

なんだか、またまた“食”ばかりの旅行記です。
しかーし、台湾は、美味しい!
バリもいいけど、この時期は、日本よりも暖かい台湾は超お勧めでーす。
[PR]
# by salakjus | 2006-01-12 20:57 | 極楽アジアの旅

台北旅行記初日

台北のことをちょっぴり書きますね。

もともとこのブログは、バリ好きな人との交流のために始めてものだから、台湾なんて興味ない方も多いはず。
でも、台湾はバリでは食べられない美味しいものがいっぱいあるんですよー。
だから、私は台湾に通っちゃってます。

今回は、3回目の台北旅行だったので、ほとんど観光していません。
台北=美味しい台湾料理と思っているのは私だけかもしれないけど、とにかく、食べまくり台北では、一度も空腹をあじわいませんでした。
d0039801_12144765.jpg夕食後にも夜市で“割包”を買って、部屋に持ち帰り、台湾ビールのツマミにして食べました。
夜中に食べるのって、悪いこととはわかっているけどやっちゃいました。
「せっかく、台北まで来たんだから、食べたいものを食べたいだけ食べるわー。」と、彼が止めるのもきかずにむしゃむしゃ食べまくり、飲みまくりの4日間でした。
日本に帰って来ると、案の定、体重UP。
「やっぱり、冬は太るわねー。」「違う!食べ過ぎだよ。」と彼に呆れられ、日本に帰って来てから美味しいものを食べに連れて行ってもらえません。
おまけに「このままだったら、3月のバリは、またプライベートプールにしか入れないんじゃないの?悲しいから中止する?」だって。
いやー!このままでは、3月の渡バリが危うい~。
と、いうわけで、現在は後悔とともにダイエット中です。

えーっと、話がずれましたね。

今回は、マイルを使わずwebで航空券を購入しました。
時間も短いからエコノミーにしました。
近場の旅ではチケットを買って、フライトマイルを貯めて、シンガポール&バリ行きの際にアップグレードとして使うのでーす。
今回は、エコノミーだから機内食には期待していませんでしたが、コンビニ弁当くらいのレベルはあります。
私的には、J○L系の機内食よりもANAの方がずっと美味しいと思っています。
d0039801_12162782.jpg行きの飛行機は、ほぼ満席でした。
昼過ぎに台北に到着しましたが、リムジンバスでホテルに移動。
ホテルですでに一杯飲んで、夕食を食べに夜市に出かけました。
上記の“割包”(1個40元=約150円)も美味しかったんですが、“小肉包”(10個60元=220円)も美味しかったし、屋台で買った“香腸”(1本30元=110円)といわれる台湾ソーセージも美味しかった。
d0039801_1216115.jpg
なんとも安い夕食でしょ。
初日は、こんな感じの食い倒れ旅でした。
[PR]
# by salakjus | 2006-01-11 12:30 | 極楽アジアの旅

台湾・台北で極楽ホテルライフ

d0039801_18364691.jpg東南アジアのリゾート好きの方には、「アジアシチティは、中途半端でツマンナイ!」と、言われそうだけど、
私は、どっちも好き。
と、いうよりも私的に快適に過ごせるなら、世界中どこでもいいのです。
今回訪れた台湾は、なんてったって、バリより近い。
それでいて、日本よりもずーっと暖かいので、ちょっとしたリゾート気分を味わえます。
そして、台湾料理は美味し~い。小籠包や中華粥など安くて美味しいB級グルメからフカヒレや上海蟹など高級中華も堪能できる。
そんな台湾・台北市内で存分にお正月休暇を遊んできました~♪
d0039801_18392056.jpg今回宿泊したホテルは、遠東国際大飯店(Far Eastern Plaza Hotel)といって、シャングリラ系列のホテルです。
場所は、台北101の近くで新しく開発されたエリアにあります。
ホテルは、ショッピングセンターやビジネスセンターに隣接していて、表の大通りは徒歩圏内に高級ブランド店が並びます。
そして、このホテルには人気のスパがあるんです。
宿泊者以外も利用出来るスパは、40階にあって、スパルームからは台北市内が一望できます。
カップルで利用出来るプライベートジャグジーも人気みたいですよ。d0039801_18382337.jpg
でも、私は宿泊者。
わざわざプライベートジャグジーを予約しなくても6:00ー22:00までいつでも利用可能な屋上の温水プール&ジャグジーで極楽極楽♪
私が宿泊した部屋は、エグゼクティブKINGのカテゴリーだけど、広ーい、キレーイ。
大きな窓も2方向にあって、遠くには、蒋介石の巨大なブロンズ像が奉られた中正記念堂の屋根も見える。
d0039801_18372826.jpgそれに、バスタブからは台北101も見えるのよ~ん。
その上、使い勝手もとっても良い!まったくストレスなく過ごせましたわ。
たまには、こういう贅沢もいいよね。
台北でも、まったりとリゾート気分が味わえる極上のホテルを見つけてしまった。
あー、アジアの魅力から逃れられない~。
[PR]
# by salakjus | 2006-01-06 18:49 | 極楽アジアの旅

明けましておめでとうございます。

d0039801_7471815.jpg日本は、寒いですね。
地方によっては大雪で大変そうですね。
私は、温かい国でお正月休みをのんびり過ごして来ました。
おいおい、旅の写真をUPしていきますので、楽しみにしててね。
[PR]
# by salakjus | 2006-01-06 07:48 | 徒然

シンガポールでお立ち寄りショッピング

そろそろ、お正月を海外で過ごす方達は、出発準備に追われている頃でしょうね。
いやいや、すでに飛び立っているかも。
私は、「元旦は、一家全員揃って、おせち料理をいただくこと!」と強く主張する両親の手前、年末年始にかけて海外に行けないのです。
仕方なく、この時期の渡バリはあきらめております。
あー、本当は、バリに行きたーい。

そこで、寂しさを紛らわせるためにせっせと来年の旅行計画を立てて、過ごしています。
皆さんもご存知の通り、フライトマイルの有効期限は12月31日まで。
散々迷って、来年の予約をしました。
ANAのホームページがグレードアップして、マイルを利用したアップグレードの予約も出来るようになり、席も座席位置を確認しながら事前予約できて、とっても便利。
まだ、宿泊先は決めてないのですが、よりあえず日程と飛行機は、決めました。
d0039801_1645170.jpg来年の夏休みも、シンガポールで往復トランジットしてバリでの~んびりする計画がいよいよ現実味がおびてきましたよ。
シンガポールでトランジットなんて無駄な時間を使っているように思われ方も多いみたいですが、7月のシンガポールは、大バーゲンセール中。まさに“お買い物天国”なんです。

d0039801_1654015.jpg

南国らしい鮮やかな色のちょっぴりセクシーな夏服が爆安で買えるのですよ。
もちろん、日本のオフィスでも着れるインナーもばっちりそろっているし、多国籍でいろいろな人種がいるから、サイズも豊富。
Dカップの私としては、胸元ゆったりのタンクトップやブラウスがいっぱい買えて嬉しい~。
ここ数年は、日本国内でほとんど夏服を買う必要がないくらい、シンガポールで買いまくっています。
d0039801_16629.jpg行きは、ANAを利用しているのでシンガポールに到着するのは深夜です。
仕方がないのでその日は、ホテルに宿泊します。だから普通の旅行と同じように過ごすので特別な裏技はないのですが、
もしもシンガポールエアラインを利用してバリに行くなら、中心街のオーチャードにあるシンガポールエアラインのオフィスでチェックイン手続きを済ませてしまいましょう。
2日前からチェックインできるので、便利です。

帰りは、お昼の便でバリを出発すると午後3時頃シンガポールに到着します。
ANAの成田行きは、深夜発なので6時間以上待ち時間ができます。
そこで、街中へGO!です。
手荷物は、空港内の一時預かり所に預けて、地下鉄で移動します。
地下鉄は、乗り換えがあるのでメンドクサイと思われる方は、タクシーがいいでしょう。
とにかく、デパートやショッピングセンターが立ち並ぶオーチャードかラッフルズシティに行けば、お目当ての服(水着)や靴がずらー。
ぜーんぶ、半額以下なのでついつい色違いで買ったりしちゃいます。
d0039801_1665768.jpg

そして、シンガポールで買ったビキニ着て、バリで優雅にバカンス。
これからも恒例にしたいわ~。
[PR]
# by salakjus | 2005-12-27 16:00 | 贅沢旅行企画書

西日暮里でランチをご馳走になる♪2

またまた下町でビジネスランチです。

以前も書きましたが、私は“おじ様(お爺様)キラー”です。
今回も下町の社長さんに誘われて“西日暮里”でビジネスランチしました。

今回は、ある雑誌に載っていたお店にランチを食べに行きました。
というよりも、いつも行っていたお店がなぜか雑誌に載っていたんです。
そこで、その雑誌の“ニューオープン・東京の最先端のお店はココ”っていうページは、たんなる広告宣伝ページなんだとわかりました。
d0039801_1011021.jpg
このお店は、スペイン料理のお店で、西日暮里界隈では20年以上前からあるお店です。
駅から1分なので、便利です。
しかし、
別にまずいわけではないけど、わざわざ電車に乗って行くほどのお店ではないような気がします。
もちろん、間近でフラメンコが見られるという特徴はあります。
でも、このフラメンコがくせものなんです。
d0039801_10114979.jpgよっぽど好きならいいけど(「好きじゃないなら、なんで行ったんだ!」と、言われそう。)、オジサマ社長に連れて行かれて、
たまたまフラメンコの日にあたってしまった時には、大変なんです。
“いい席”は、当然一番前のかぶりつき席です。
うるさくて、話もできません。
おまけにスカートを振り回してバタバタ踊るので(良さがわかっていないので、失礼なこと言ってスミマセン)、ホコリがすごい。とにかく、食べた気がしません。
常連の社長は、「私もね、フラメンコはどうでもいいんだよ。ただこの辺では、まあまあの店だからね。忘年会で使うんだよ」と、言ってステージから一番遠い席に座ってました。
d0039801_10123475.jpg
昼は、フラメンコはやっていません。
だからいいのですが、ランチにしては料理が出てくるのが遅いです。それに少々高め。
そんななかでも私の一押しは、“シーフードドリア”です。(←)とにかく具沢山なので食べ応え大で大満足なんです。
ランチなので1,000円でサラダとスープとコーヒーが付きます。
たまーに、ルーが少ないとご飯が焦げて硬くなるので、必ず「ルーをたっぷりかけて下さいね。」とバイトのお兄さんに言うと、
「はい。ツユダクですね。」と、快くOKしてくれます。店員さんは、みんな気さくで感じはいいですよ。
社長は、バイトの女の子をからかって冗談を言えるし、全席喫煙可なので、この店がお気に入りなんだと思います。嫌煙家には、ツライ店です。
d0039801_10125468.jpgちなみに、“シーフードリゾット”も具沢山で美味しいですよ。(→)

まあ、そんなお店ですから、興味がある方は是非いらしてみてください。
ただし、フラメンコは曜日が決まっているらしいので、電話で確認してください。


お店情報
【アルハムブラ西日暮里店】TEL:03-3806-5017
[PR]
# by salakjus | 2005-12-25 10:00 | 大人のオンナの東京デート♪

昔の恋から学んだこと

d0039801_9554532.jpg毎日、寒いですねー。
寒いと悲しくなりませんか?
私は、久しぶりに泣きながら夜の街を歩きました。

今週は、連日のように忘年会&クリスマス会です。
今回は、大学のサークル仲間が大勢集まって、同窓会のようなクリスマス会。
先輩や後輩も来たので、卒業以来ずっと会っていなかった懐かしい人に会えて嬉しかった。
でも、
「よう!久しぶり~。」と、声をかけてきた先輩が
「アイツにさー、うっかりこの会のことをしゃべったら、来たいっていうから・・・。」
そう言う先輩の視線の先には、元彼が立っていた。
『なんで?』と一瞬動揺したけど、「もう、過去のことですよー。」と、笑顔で答えてしまった。

彼がこの会に来た目的は、すぐにわかりました。
一番遠い席から、私を見つめる彼の視線を感じ、何回も目が合ってしまったんです。
一次会の店を出て、二次会に移動するどさくさにまぎれて、私は一人で駅の方に向かいました。
今の彼と「二次会には行かない。早く帰るつもりよ。」って約束していたんです。

赤信号で立ち止まった交差点で、後ろから肩をたたかれ、振り返ると元彼がいました。
「もうオレのことは、忘れたのか?」
「・・・。」
「あの日、オマエと別れたのは間違いだった。」
その言葉を聞いた瞬間、街がモノクロになった。
『今さら、何を言ってるの?』そう言いたかったけど、
「彼女と結婚したんでしょ。」
「結婚は、した。だけど、」
その先の言葉は、聞きたくなかった。彼の言葉をさえぎるように
「私は、あなたがいなくてもちゃんと一人で生きてきた。」そう強く言って、彼の手を振り払い急ぎ足で交差点を渡った。
振り返らない。
絶対に振り返らない。
一気に地下鉄の階段を駆け降り、改札を通った時、ほっとして大きく息をはいた。
冷たい頬を温かい涙が伝わり落ちるのを感じてた。

元彼は、先輩の友人でいつも私たちのサークルの飲み会になぜか参加していた。
私たちは、この飲み会で知り合って付き合い始めたんです。
私の学生時代の思い出の半分は、彼と一緒だった。

付き合って3年、私が卒業を目前に控えた頃、
彼が突然別れを切り出した。
「幸せにしてやりたいと思う女ができた。」
呆然としている私に「オマエは、オレがいなくても一人で生きていけるだろう。」
そう言って、私を置き去りにして立ち去った。

私は、彼から別れを告げられたあの日、うーんと泣いたし、
「私だって、あなたがいなければ生きていけない!」って、どうして彼に泣いてすがれなかったのか後悔した。
もしかしたら、彼が戻って来てくれるんじゃないかと、彼と別れたあの場所で彼を待ち続けたこともあった。本当に本当に大好きだった。

でも、わかっちゃった。
彼の言うとおりでした。
私は、彼がいなくてもちゃんと生きていける。

そして、この恋からあることを学んだの。
「時には、弱いところを見せないとカワイイ女と思われない。」

急いで帰って、家の電話から今の彼の携帯に電話した。
「けっこう早く帰ってきたね。楽しかった?」
「そうねー。懐かしかった。でも、あなたがいないからちょっぴりつまんなかった。」
「そうか。そうか。オレがいないとダメか。じゃあ、明日忘年会が終わったら会いに行くよ。」
やったー!

二度と“一人でも生きていける女”と、言われないための
ここぞという時の決めセリフ、
「私は、あなたがいないと楽しく生きていけないの。
だから、ずっと私のそばにいてね。」

[PR]
# by salakjus | 2005-12-22 09:50 | 徒然

たまには行ってみよう!秋葉原でお買い物デート。

d0039801_1043872.jpg東京は、街中がクリスマス色♪歩いているだけでうっとりしちゃう。
今日は、秋葉原の【ヨドバシAKIBA】にお買い物に行きました。

あなたは、“秋葉原”というとどんなイメージがありますか?
やっぱり、「萌え~」とか言ってるオタク男性がいっぱいで出来れば近づきたくない街と、いう女性も多いでしょう。
私もアキバは苦手。なんとなく、臭いのよね~。
でも、“週刊アスキー”愛読者の彼に、たまにはきいてあげないといけない。
だからといって、もともとある電気街は、ちょっとキツイ。

そんな、秋葉原の今までもっとも目立たなかった一角に【ヨドバシAKIBA】ができました。
開店当初は、すっごい人だと聞いていたので、近づかなかったのですが、
彼は、一人で何度か行ってるみたいだし、
「けっこう楽しめるわよ。」と、いう友人のアドバスもあり、行ってきました。

私は、電車で秋葉原に行ったのですが、新しい出口ができていて、
「へえ~。キレイになったのねー。」と、びっくり。
彼と待ち合わせたお店の1階に入ると再び、びっくり。
とにかく、広くてゆったりとしたスペースに商品が置かれていて、アキバ臭がない(失礼な言い方してゴメンナサイ。)。
それに、家電は、メーカー別なのでまるでメーカーのショールームみたい。

そうそう、駐車場は、B2~B6Fで、バイク専用のフロアもありました。
でも、1時間600円、5千円以上で1時間無料は、ちょっと高いかな。

せっかくだから、デジカメと今話題の携帯オーディオをチェック。
どんどん新しい製品が出てくるから、ついつい買いそびれちゃうのよね。
私が今ほしいのは、彼が持ってる携帯オーディオです。
一般的なのは、やっぱりiPodですよねー。
でも、私のノートパソコンはVAIOなんですぅ~。
彼は、ナント両方(iPodとSONYのウォークマン)持ってて、(だったら、どっちか貸してよ!)いつも自慢しているんです。
「ねーねー、どっちがいいかな?」なんて彼に甘えて相談。
自慢げに知識を披露してくれる彼の横で「ふう~ん。そうなんだ。」と、よくわかんないけどうなづいていました。
結局、私は買わずに店内をうろうろして、彼がソフトを買っていました。
アッ、私はおもちゃ売り場で甥っ子のクリスマスプレゼントを買いました。

d0039801_1054811.jpg
昼食は、8階のレストラン街でラーメンを食べました。
【ちゃぶ屋】は、TVチャンピオンの森住氏が手掛ける護国寺の有名ラーメン店らしいです。
先にチケットを買って、行列に並びました。
結構混んでいたので、期待大。
私たちは、ラーメン通ではないのであんまり参考にならないかもしれないけど、
彼いわく、「並ぶ価値なし。」
私も「これ、とんこつラーメン??」って、感じです。
d0039801_106162.jpg替え玉1個無料なんで、お得感はありますが、もともと量が少ないから決して大食いではない私でも替え玉しました。
一緒に揚げにんにくをトッピングしたんですが、これは正解でした。
たぶん、時間がなければ食べるかもしれないけど、わざわざ出かけて行って、並んで食べる気にはなれませんね。
まあ、今夜は美味しい夕食が待ってるからいいけどね。

その後、東京駅に移動しました。
長くなったので、そのことは次回にします。
[PR]
# by salakjus | 2005-12-18 10:00 | 大人のオンナの東京デート♪